プログラミング基礎

授業科目区分


専門科目 情報テクノロジーコース科目
情報テクノロジーコース必修 2単位 1年次 前期



担当教員

小泉 真也

履修に必要な予備知識や技能

特になし

履修条件

特になし

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし

学習教育の目標

プログラミング言語 C は汎用的な言語として、現在もなお多くのプログラミング資産を有します。そして本質的な側面として、C は「システム記述言語」であり、コンピュータ・システムを理解するためにも、エンジニアには必須の技術です。 本講義では、将来的なシステム開発や数値計算などの汎用的なプログラムの作成、資産に対する理解を見据えて、Cによるプログラミングソースの読解力をつけることと、リファレンスの利用や資産の再利用によるプログラミング技術の習得を目標とします。

授業の簡単な概要

プログラミング言語 C の構文について学習します。

学習支援

質問は、LMS やメール等で逐次受付ます。

オフィスアワー

講義にて案内します

学習内容

  1. プログラミング言語 C について
  2. 変数宣言、定数、データ型、算術演算子、入出力関数
  3. 処理手続き、真偽計算に用いる演算子、制御構造(分岐)
  4. 制御構造(反復)
  5. 関数、サブルーチン
  6. 再帰、変数のスコープ、静的/動的
  7. ヘッダファイルとプリプロセッサ
  8. 配列、文字列
  9. アドレス、ポインタ
  10. 文字列のポインタ・文字列操作関数
  11. アドレス計算、データ型変換、main()関数の引数、動的メモリ管理
  12. ファイルの読み書き
  13. レコード型:構造体・共用体・列挙型
  14. 分割コンパイル・Makefile
  15. デバッグ/その他の予約語・関数

期末試験やレポートなどの留意事項

講義内で案内します

教科書

WEB上で配布します。

参考書

図書館の蔵書を参考にしてください。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   100
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項:

出席を重視する。 最終評価は、出席に基づく基準点に、レポートの結果に対する配点を加点します。