スポーツ学

授業科目区分


教養科目 健康とスポーツ系
選択 2単位 1年次 後期



担当教員

侘美 俊輔

履修に必要な予備知識や技能

特になし

履修条件

特になし。「夜間主専用科目」 そのため「スポーツT,U,V」,「健康科学論」,「からだの科学」,「スポーツとまちづくり」の単位をすでに取得している学生の履修は認めない。

その他この科目を履修するために必要な条件

映像<ビデオ>を見ることが多いので,注意が必要。

学習教育の目標

スポーツは,単に「実施するもの」という画一的な理解から脱却し,その多様性について理解を深める。

授業の簡単な概要

これまでの日本社会において「スポーツ≒体育」という図式ができ,さらに「スポーツ=するもの」という単線的な理解がされている。しかしながら,スポーツには多様な側面があり,日本体育学会には様々な分科会があるものの,多くの学生はそのことすら知らない。本授業では「スポーツの多様性」をキーワードに,理系,文系を問わず,様々な側面から「スポーツ」というものを理解する。

学習支援

随時積極的な質問を受け付ける。

オフィスアワー

授業で指示する。

学習内容

  1. ガイダンス
  2. スポーツにおける一般的な理解
  3. スポーツの誕生
  4. プロスポーツの誕生
  5. スポーツの大衆化
  6. スポーツとオリンピック@
  7. スポーツとオリンピックA
  8. スポーツと教育@
  9. スポーツと教育A
  10. スポーツサイエンス@
  11. スポーツサイエンスA
  12. スポーツサイエンスB
  13. 健康とスポーツ@
  14. 健康とスポーツA
  15. まとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

特になし

参考書

特になし。必要に応じて授業中に紹介する

NDC

780

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   70
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

出席:20点 ・その他:10点

上記割合以外に注意すべき事項:

 前項にも記載したが、授業のテーマ、分野が毎回ことなるので、継続的な授業への参加が望ましい