入門簿記

授業科目区分


専門科目 ビジネス観光コース科目
ビジネス観光コース必修 2単位 2年次 前期



担当教員

黒木 宏一

履修に必要な予備知識や技能

特になし

履修条件

特になし

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし

学習教育の目標

 この科目は、初めて簿記を学ぶ学生を対象とし、簿記の全体像を俯瞰的に理解すること(日商簿記3級程度)を学習の到達目標としています。

授業の簡単な概要

 簿記は、社会経済を読み解くためのツールの一つです。企業や団体の活動を正確に記録、計算し、その結果を報告する役割を果たすことで、社会経済の健全な発展を支えています。  この科目は、簿記の全体像を俯瞰的に学習します。

学習支援

質問がある場合は、まずメールでご連絡ください。面談の時間を設けて対応します。

オフィスアワー

質問がある場合は、まずメールでご連絡ください。面談の時間を設けて対応します。

学習内容

  1. プレースメント・テスト
  2. 簿記の意義と目的 簿記の種類、前提条件
  3. 資産、負債及び資本と貸借対照表
  4. 収益、費用と損益計算書
  5. 簿記一巡の手続き (1)簿記上の取引と勘定及び二面性
  6. (2)勘定科目への記入方法 (3)取引要素の結合関係
  7. 仕訳と転記(1)
  8. 仕訳と転記(2)
  9. 決算手続
  10. 精算表
  11. 決算本手続(1)
  12. 決算本手続(2)
  13. 商品売買と売上原価 3分法(1)
  14. 商品売買と売上原価 3分法(2)
  15. まとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

試験は16回講義にて行います。内容は、授業で説明した内容について、その理解度を問うものとします。ノートをとることを習慣づけて受講してください。 プレースメントテストの結果及び取得資格により、出席を免除する場合があります。詳しくは、本学のLMSで確認ください。なお、受講生の理解度により講義内容を変更する場合があります。

教科書

伊藤龍峰他(2014)『簿記入門テキスト』中央経済社、ISBN978-4-502-10131-1

参考書

必要に応じて講義において紹介します。

NDC

335:企業・経営、67:商業

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     70
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

到達度確認のためにレポートの提出を求める等演習を行い、その評価を30とします。

上記割合以外に注意すべき事項:

講義への出席は、理解を深めるために必要だと考えています。できる限り講義へ出席するよう求めます。