地域福祉論

授業科目区分

学部共通
教養科目 社会科学系
選択 2単位 2年次 後期


社会教育主事選択/

担当教員

松浦 孝寿・米津 直希

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 特別支援教育の理念と実際を学ぶ。また、その特別支援教育に焦点をあてながら、地域福祉向上のための教育・福祉・医療・労働の連携のあり方についても学ぶ。さらに、国内外の特別支援教育の動向に触れ、そのシステムの現状と課題についての理解も深める。

授業の簡単な概要

 特別支援教育の今日的なテーマを取り上げ、その基礎的理論と実践について学ぶ。また、フィールド・ワークをとおして、「地域社会におけるバリアフリーリサーチ」の実地学習を行う。さらに、毎回の講義においては、ワークショップ形式の学習スタイルも採用し、学生の学びの主体性と協働性を大切にする。

学習支援

オフィスアワー

授業の前後で対応します。

学習内容

  1. オリエンテーション  @講義の内容と方法 A学習の仕方(参画型学習等)
  2. 特別支援教育の概要(1)  @特別支援教育への転換 A特別支援教育の本質 Bインクルーシブ教育システムの構築
  3. 特別支援教育の概要(2)  @特別支援教育の制度 A特別支援教育コーディネーターの役割
  4. 子どもの理解と指導・支援(1)  @障害とは(WHOの国際定義等) A知的障害 BLD・ADHD・ASD等 Bアセスメントの目的と方法
  5. フィールド・ワーク「人にやさしいまちづくり」(1)理論編(調査準備)  @バリアフリーの考え方 Aアドボカシー Bリサーチ方法
  6. フィールド・ワーク「人にやさしいまちづくり」(2)実践編(調査実施)  @地域社会におけるバリアフリーリサーチ(グループワーク)
  7. フィールド・ワーク「人にやさしいまちづくり」(3)理論編(結果分析)  @リサーチ結果の分析方法 Aポスター発表の方法 Bポスターの準備
  8. フィールド・ワーク「人にやさしいまちづくり」(4)実践編(プレゼン)  @フィールド・ワークのポスター発表(グループワーク)
  9. 子どもの理解と指導・支援(2)  @肢体不自由 A病弱・身体虚弱 B重度・重複障害等
  10. 特別支援教育における教育課程  @学習指導要領 Aカリキュラム・マネジメント B学習指導の評価
  11. 個に応じた指導・支援のための計画  @個別の教育支援計画 A個別の指導計画 B指導と評価の一体化
  12. 特別支援教育のキャリア教育  @キャリア教育の理論 Aキャリア教育の実践 Bキャリア教育の評価
  13. 特別支援教育の現場訪問  @特別支援学校の見学 A特別支援学校寄宿舎の見学
  14. 特別支援教育における関係機関の連携  @特別支援学校と医療・福祉機関との連携 A双互恵的連携のあり方
  15. 総括  @学習の振り返りと言語化 Aリフレクション・ポスター発表(個人)

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

参考書

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:55
その他:

出席 45

上記割合以外に注意すべき事項: