児童サービス論

授業科目区分

学部共通専門科目
図書館情報系
選択 2単位 2年次 夏集中

図書館情報(司書)必修/
図書館情報(司書教諭)必修/

担当教員

池田 裕子

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

子ども時代より読書に親しむことは、2つの観点から重要である。  ひとつは豊かな人間性を育むことである。子どもの読書は感性や情操、思いやりの心を育てる。そしてもうひとつはリテラシー獲得の基礎となることである。ここには、高度情報ネットワーク社会において必要な情報を選定し活用する能力(情報リテラシー)も含まれる。  この授業では、自分の読書経験をベースに、子どもの読書がいかなる可能性を持つものなのかを理解する。そのうえで、それぞれの発達段階において子どもと本とを結びつけるにはどのような工夫があるのかを考える。

授業の簡単な概要

この授業では、児童サービスについて、理論と実践を織り交ぜた理解を目指す。子どもの認知機能の発達を踏まえた読書の効用について理解するとともに、児童書をとりまく歴史的背景にも目を向ける。通常の講義形式に加えて、学生自身による「読み聞かせ」演習を行う。最終回では、実際に子どもたちの前で「読み聞かせ」を行う。履修者がよりよい授業づくりに主体的に取り組む姿勢を重視する。

学習支援

毎回配布する資料を使用して授業を進める。

オフィスアワー

学習内容

  1. ガイダンス発達における読書の役割
  2. 発達における読書の役割
  3. 児童書の誕生と歴史1欧州
  4. 児童書の誕生と歴史2日本
  5. 日本における児童サービス1近代
  6. 日本における児童サービス2現代
  7. 日本における児童サービス3現代
  8. 乳幼児期の発達と図書館サービス
  9. 児童・青年期の発達と図書館サービス
  10. 図書館と学校の連携
  11. 「読み聞かせ」の基本
  12. 「読み聞かせ」の効用
  13. 「読み聞かせ」発表会
  14. 「読み聞かせ」発表会
  15. まとめ(レポート提出)

期末試験やレポートなどの留意事項

予定は、変更する場合がある。

教科書

基本的には毎回配布する資料を使用して授業を進める。テキストとしては、次の論文を指定する。張江洋直・池田裕子・安藤友晴「児童サービス論の現代的な課題―「読み聞かせ」生成史と構造分析を中心に―」『稚内北星学園大学紀要』13、2013年3月

参考書

授業のなかで適宜紹介する。授業全体に関わる文献、サイトとしては、以下をあげておく。 @ 松岡享子『えほんのせかい こどものせかい』日本エディタースクール出版部、1987年 A 国立国会図書館国際子ども図書館ホームページ http://www.kodomo.go.jp/index.jsp B 全国学校図書館協議会ホームページ http://www.j-sla.or.jp/new_gakkoshisho/index.html

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   50
作品:     
成果発表:   30
ポートフォリオ:
その他:

事前課題 20 その他出席、授業への参加態度、発表などを考慮しつつ総合的に評価する。

上記割合以外に注意すべき事項: