エコツーリズム論

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 環境と社会系
選択 2単位 3年次 前期



担当教員

藤崎 達也

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

地域の自然や文化などを保護保全しながら、それらを正しく理解するために、地域自らが情報発信し着地型の観光を推進していくことが求められています。そのような観光形態の一つエコツーリズムについて理解し、地方が担う役割を考える力を養います。

授業の簡単な概要

これまで観光と自然保護は相反するものとして捉えられていましたが、エコツーリズムなどの持続可能な観光(サステイナブルツーリズム)は、自然保護や文化の多様性を保つために役立ちます。その概念を示したIUCN(国際自然保護連合)がすすめるガイドラインをもとに、エコツーリズムの概要やそれを推進する仕組みについてケーススタディを中心に講義します。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. イントロダクション
  2. 環境と観光
  3. 各国における観光形態の変遷
  4. 各国における持続可能な観光
  5. 日本における観光形態の変遷
  6. 日本における持続可能な観光
  7. 日本における観光の諸問題
  8. 北海道における事例(1)
  9. 北海道における事例(2)
  10. 北海道における事例(3)
  11. 先住民文化と観光
  12. 自然公園と観光ー行政の施策(1)
  13. 自然公園と観光ー行政の施策(2)
  14. 自然公園と観光ー行政の施策(3)
  15. まとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

必要に応じて配布します

参考書

必要に応じて配布します

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   100
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項: