情報サービス論

授業科目区分

学部共通専門科目
図書館情報系
選択 2単位 3年次 後期

図書館情報(司書)必修/

担当教員

柊 和佑

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

図書館サービスの意義を受け、レファレンスサービスや情報検索サービスなどのサービスの具体的な方法、参考図書・データベースなどの情報源、図書館利用教育、発信型情報サービスなどについて理解する。

授業の簡単な概要

「情報サービス演習」の前提となる科目である。情報サービスに関する基本的な概念、代表的なサービス、代表的な情報源さらにはこれらを統合した発信型サービスについて解説し、情報リテラシー教育を含む図書館利用教育についても言及する。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. 情報社会と図書館の情報サービス
  2. 情報サービスの意義と種類(概要)
  3. 情報サービスの意義と種類1
  4. 情報サービスの意義と種類2
  5. レファレンスサービスの理論1
  6. レファレンスサービスの理論2
  7. レファレンスサービスの実際1
  8. レファレンスサービスの実際2
  9. 情報検索サービスの理論と方法
  10. 各種情報源の種類
  11. 各種情報源の特性と利用
  12. 各種情報源の評価
  13. 各種情報原の組織化(一次資料と二次資料)
  14. 発信型サービスの意義
  15. 発信型サービスの方法と実際

期末試験やレポートなどの留意事項

第16回 情報リテラシー教育を含む図書館利用教育

教科書

参考書

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項: