教職実践演習

授業科目区分

教職専門科目

選択 2単位 4年次 後期



担当教員

オムニバス

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 教員として求められている@使命感や責任感、教育的愛情、A社会性や対人間関係能力、B生徒理解や学級経営等能力、C教科の指導力を基本に、教科指導や生徒指導等の職務を実践できる資質能力など、教員として必要な資質能力の確実な確認と不足している事項の習得を目標とする。テーマは、「豊かな人間性を土台に、深い専門性に裏打ちされた実践的指導力の習得」とする。

授業の簡単な概要

 本授業は、教員による履修カルテ等を利用した一人一人の資質能力についての評価と、学生自身の自己評価による授業目標への到達状況をもとにした「学びの軌跡の集大成」として位置づける。授業内容として、学習知と実践知の統合を図りながら、とくに、教育活動の各領域における指導計画作成能力を含む授業力の改善・向上を中心に、学級経営や生徒指導など教職全般にわたる資質能力の補完・向上を目指す。授業については、現場教員等による講義や実技指導や実技演習、学生の実践的指導力を育てる役割演技(ロールプレーイング)やグループ討論、模擬授業等を効果的に組み合わせた演習で展開する。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. ガイダンス(これまでの学修についての振り返りと自己目標の設定、履修カルテ等による個別指導、全体的な学修課題の確認と授業計画の説明など)
  2. 教員の役割と仕事(教育実習で体験した仕事の特質と内容、勤務内容の理解、同僚性の構築など)
  3. 教科指導のすすめ方(講義、模擬授業、問題点の指摘、グループ討論など)
  4. 学習指導計画の作成と教材開発(単元指導計画や学習指導案の作成、模擬授業など)
  5. 指導体制及び指導方法の工夫・改善(T―T指導や習熟度別指導、体験的学習など)
  6. 指導技術の改善・向上(模擬授業、発問、指名、机間指導、板書、ノート指導など)
  7. 学習指導の評価(評価規準の具体化、評価方法の工夫、自己評価・相互評価など)
  8. 教員としての資質能力の確認(専門的知識・技能及び指導力など)
  9. 信頼される教員(教職員の身分と服務、分限処分と懲戒処分、不祥事の事例など)
  10. 総合的な学習の時間の指導(教育課程完全実施による指導内容の課題と改善の方策)
  11. 特別活動の指導(教育課程完全実施による指導内容の課題と改善の方策)
  12. 生徒理解と学級経営(いじめや不登校に対応する学級経営の実際、事例研究など)
  13. 特別支援教育への対応(発達障害等の実践的課題の対応、学校間連携のあり方など)
  14. 家庭・地域との連携(保護者への対応、地域や関係機関との連携など)
  15. 資質能力の確認・まとめ(自己評価・相互評価及び教員による評価など)

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

中学校学習指導要領、高等学校学習指導要領

参考書

プリント配布、参考書等の紹介

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

 授業への参加姿勢や模擬授業、討論、課題解決、実習、レポート及び試験結果等について、担当教員全員が多面的に評価し、教員として最小限必要な資質能力が身に付いているかどうかを確認し単位認定する。模擬授業や実技・実習等については、協力校の現職教員等の評価を加味する。(模擬授業、実技・実習50、レポート30、確認テスト20)

上記割合以外に注意すべき事項: