社会教育課題研究U

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 地域と社会系
選択 2単位 2年次 後期

社会教育主事必修/

担当教員

若原幸範 侘美俊輔

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

必ず「社会教育課題研究T」「フィールドワークT」「映像メディア論T・演習」「映像メディア論U・演習」を同時に履修すること。

その他この科目を履修するために必要な条件

「生涯学習概論T・U」「社会調査論」を履修済みか、同時に履修することが望ましい。

学習教育の目標

地域調査学習を通して社会教育の観点から地域づくりのあり方を考える。

授業の簡単な概要

 この講義では、稚内市中央商店街をフィールドとして地域調査学習を実施する。これを通して社会教育の観点から地域づくりのあり方を考えていく。  地域調査学習においては、単なる実態調査にとどまらず、実際の中央商店街・中心市街地の地域づくりに貢献することを目指す。具体的には商店街の店舗や人、地域の魅力を掘り起し、視覚化・発信するために映像作品としてその成果をまとめる。  本講義は「社会教育課題研究T」に引き続いて実施するものである。「フィールドワークT」とも連動し、また映像作品の作成にかかわって「映像メディア論T・U(演習を含む)」とも連動して実施する。そのため、これらの科目を合わせて履修することを必須とする。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. ガイダンス(授業の概要・進め方など)
  2. 地域づくりと社会教育@
  3. 地域づくりと社会教育A
  4. フィールドワーク@(資料調査)
  5. フィールドワークA(資料調査)
  6. フィールドワークB(地域調査実習)
  7. フィールドワークC(地域調査実習)
  8. フィールドワークD(地域調査実習)
  9. ワークショップ@(地域調査の中間報告)
  10. ワークショップA(調査データの分析)
  11. ワークショップB(調査データの分析)
  12. ワークショップC(調査レポートの作成)
  13. ワークショップD(調査レポートの作成)
  14. ワークショップE(成果報告)
  15. ワークショップF(成果報告)・授業のまとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

教科書は使用せず、必要に応じて資料等を配布する。

参考書

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

100(授業・ワークショップへの参加状況および発表内容)

上記割合以外に注意すべき事項:

ワークショップ実施時に遅刻・欠席すると他のグループメンバーに迷惑がかかるので、特に注意すること。