観光ガイド事業論

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 環境と社会系
選択 2単位 3年次 前期



担当教員

藤崎 達也

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

着地型観光やエコツーリズムなど、これからの観光産業において重要なガイドビジネスの創業・経営を学ぶことを通して、地域のおかれている観光産業における諸課題へのソリューションを導き出す力を養います。

授業の簡単な概要

面白そうなガイドツアーを「作れば売れる」という考えは甘い。その商品が世に出ていくには様々なノウハウが必要です。@ガイド事業の経営、Aガイドを育成・成長させていくマネジメント、B行政等に検討してもらいたい環境整備の3つの観点から、講師の実践を踏まえて、事業を継続し成功に導くポイントをケーススタディを中心に学びます。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. イントロダクション
  2. 地域の魅力を伝える―ガイドという仕事
  3. 地域の魅力を伝える―ガイドという仕事
  4. 組織づくりーDMOとは
  5. 組織づくりーDMOとは
  6. 地域マーケティングの基本―企画・商品化(Product)
  7. 地域マーケティングの基本―価格(Price)
  8. 地域マーケティングの基本―広報・宣伝(Promotion)
  9. マーケティングの基本―流通経路(Place)
  10. ガイドの育成
  11. ガイドの育成
  12. リスクマネジメント
  13. まち巡りガイドなどへの応用
  14. 観光地におけるガイドプログラム発展のための環境整備ー行政の観光施策
  15. まとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

必要に応じて配布します

参考書

必要に応じて配布します

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   100
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項: