日本近現代史U

授業科目区分


教養科目 人文科学系
選択 2単位 3年次 後期



担当教員

富樫千紘・米津直希

履修に必要な予備知識や技能

なし

履修条件

なし

その他この科目を履修するために必要な条件

日本近現代史Tを受講していることが望ましい。

学習教育の目標

明治・大正・昭和・平成と、今日に至るまで、日本が政治・圭勢・教育などあらゆる面でどのような歩みを経てきたのかを学び、現代社会とのつながりを理解することを目的とする。

授業の簡単な概要

近現代史Tで確かめた明治期から今日までの歴史の概観を踏まえ、受講者の状況や関心に応じて、戦争史・女性史・教育史等、テーマごとの近現代史の学習を進める。

学習支援

受講者の学習状況や興味・関心を踏まえつつ授業を進める。文献に限らず、映像資料等、学習理解の参考となるものは随時紹介していく。

オフィスアワー

質問は講義の開始前後に受けつける

学習内容

  1. オリエンテーション
  2. 日本近現代史テーマ@
  3. 日本近現代史テーマ@
  4. 日本近現代史テーマ@
  5. 日本近現代史テーマA
  6. 日本近現代史テーマA
  7. 日本近現代史テーマA
  8. 日本近現代史テーマA
  9. 日本近現代史テーマB
  10. 日本近現代史テーマB
  11. 日本近現代史テーマB
  12. 日本近現代史テーマC
  13. 日本近現代史テーマC
  14. 日本近現代史テーマC
  15. 講義のまとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

なし

教科書

特に用いない。

参考書

宮地正人監修『日本近現代史を読む』(新日本出版社、2010年) その他、講義内で随時紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   40
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

出席30、平常点30

上記割合以外に注意すべき事項:

講義で扱うテーマとしては、教育史、戦争史、女性史等を予定している。受講者の関心に合わせて、新たなトピックを加えていく。