数学科教育法T

授業科目区分

教職専門科目

選択 2単位 2年次 前期



担当教員

佐藤 元彦

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

1. 中学校および高等学校で数学の授業を行うために必要な、学問としての数学の基礎を学ぶ。 2. 論理、集合、写像などの概念をつかむことを通して数学および数学教育の方法の一端を学ぶとともに、数学教師の立場からの数学観および数学教育方法論の形成を図る。 3. 学習指導要領について学ぶとともに、学習指導案の作成と模擬授業の実施を通して数学教員としての実践力を高める。

授業の簡単な概要

1. 講義を中心とし、必要に応じて演習時間を設ける。 2. 全体としてはおおよそ、「A.命題と論理」「B.集合と写像」「C.直積と関係」「D.准列と組み合わせ」の三つの内容を扱う。 3. 復習の時間を十分にとり、学習内容の整理、定着を図ること。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. ガイダンス  単位取得のための課題への取り組みと授業内容の全体像の説明
  2. 命題と論理1  命題と複合命題及びその心理値、日常言語の論理と数学の論理について解説する。
  3. 命題と論理2  全称命題と特称命題及びその否定命題について解説する。
  4. 集合1  命題と集合について解説する。
  5. 集合2  部分集合とべき集合について解説する。
  6. 集合3  論理の演算法則、集合の演算法則について解説する。
  7. 集合と論理」の学習指導案の作成と模擬授業の実施  数人のグループに分けて指導案を作成し、代表者が模擬講義を行う。
  8. 写像1  写像、全射と単射について解説する。
  9. 写像2  直積と演算、関数とグラフについて解説する。
  10. 同値関係1  関係(1)同値関係 同値関係と商集合について解説する。
  11. 同値関係2  関係(2)順序関係 商集合と写像について解説する。
  12. 順序集合  順列と自然数の乗法
  13. 組合せと自然数の乗法・除法 中学・高校の範囲での授業法について解説する。
  14. 順列、組合せ の学習指導案の作成と模擬授業の実施1 数人のグループに分けて指導案を作成し、代表者が模擬講義を行う。
  15. 「順列、組合せ」の学習指導案の作成と模擬授業の実施2 数人のグループに分けて指導案を作成し、代表者が模擬講義を行う。

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

1.中学校学習指導要領解説 数学編 平成20年9月 文部科学省 高等学校学習指導要領解説 数学編 理数編 平成21年12月 文部科学省 評価基準の作成, 評価方法等の工夫改善のための参考資料 [中学校 数学] 平成 23年11月 国立教育政策研究所 評価基準の作成, 評価方法等の工夫改善のための参考資料 [高等学校 数学] 平 成24年7月 国立教育政策研究所

参考書

日本大学文理学部数学科『数学基礎セミナー』日本評論社、2003年 『中学校学習指導要領(数学)』 『高等学校学習指導要領(数学)』

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     80
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

20 出席状況および授業への参画状況を評価する

上記割合以外に注意すべき事項: