情報メディアの活用と展開

授業科目区分

学部共通専門科目
図書館情報系
選択 2単位 3年次 後期


図書館情報(司書教諭)必修/

担当教員

柊 和佑

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

高度情報時代といわれる現代において、新学習指導要領において再確認された「生きる力」としての「自己教育力」の育成は最も中心的な課題の1つである。今日のディジタルメディアの急速な普及によって大きく変化する図書館環境の基本性向を捉え、知の最前線であり、豊かな学びの空間である学校図書館において必要な情報メディアの活用スキルを解説する。

授業の簡単な概要

図書館業務にとって不可欠な基礎的な情報技術を習得するために、講義と演習を織り交ぜた形式で進める。試験を中心に評価するが、テーマごとの成果発表も評価対象とするので、欠席には注意すること。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. ガイダンス/アナログメディアの種類と特性/ディジタルメディアの種類と特性
  2. コンピュータの基礎
  3. コンピュータネットワークの基礎
  4. 利用者にとってのインターネット活用――情報技術と社会@
  5. 利用者にとっての情報検索――情報技術と社会A
  6. 発信者にとってのデータベース――情報技術と社会B
  7. データベース構築と図書館業務――情報技術と社会C
  8. データベース構築演習――情報技術と社会D
  9. 学校図書館業務システムの概要
  10. ホームページによる情報発信――情報機器の活用@
  11. 調べる学習と学校図書館(1)――情報機器の活用A
  12. 調べる学習と学校図書館(2)――情報機器の活用B
  13. プレゼンテーション演習――情報機器の活用C
  14. 調べる学習と情報倫理・著作権(協力:宗谷ひまわり弁護士事務所)
  15. 最新の情報技術と学校図書館

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

毎回資料プリントを配付する。参考文献は適宜紹介する。

参考書

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     65
レポート:   
作品:     
成果発表:   20
ポートフォリオ:
その他:

15

上記割合以外に注意すべき事項: