図書館情報資料・施設論

授業科目区分

学部共通専門科目
図書館情報系
選択 2単位 4年次 前期

図書館情報(司書)必修/

担当教員

柊 和佑

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

必修の各科目で学んだ内容を元に、情報の入れ物である各種情報資源、メタデータおよび図書館施設について理解をすすめ、図書館活動・サービスについて考察できる力を涵養することが目標である。

授業の簡単な概要

情報の入れ物である各種情報資源やメタデータおよび図書館施設について発展的に学習し理解を深めるために、図書館活動や各種サービスが展開される場としての図書館施設、道具としてのメタデータについて、国内外の事例を参考に、各種計画、その構成要素等を解説する。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. 図書館の活動・サービスと建築
  2. 情報資源・施設に合致したメタデータの設計
  3. 図書館の性質とメタデータの要求定義
  4. 概念モデリングと情報資源
  5. 情報資源とオントロジー
  6. メタデータ作成の現在(集中化・共同化)
  7. メタデータ作成の事例(書誌ユーティリティと総合目録)
  8. 情報資源と図書館建築
  9. 情報サービスと図書館建築の変遷
  10. 図書館の地域計画
  11. 図書館建築計画の構成要素1(利用者スペースの計画と考え方)
  12. 図書館建築計画の構成要素2(什器や室内環境の考え方)
  13. 地域環境と図書館(地域複合施設内図書館、既存施設の転用計画)
  14. 事例による図書館建築計画
  15. 情報資源の発見と入手のための環境設計

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

参考書

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項: