情報探索論

授業科目区分

学部共通専門科目
図書館情報系
選択 2単位 4年次 後期


図書館情報(司書)選択/

担当教員

安藤 友晴

履修に必要な予備知識や技能

特になし

履修条件

「図書館情報学概論 I」「図書館情報学概論 II」「図書館サービス概論」を受講していることが望ましい(必須ではない)。

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし

学習教育の目標

われわれは自分にとって必要な情報を探すために、インターネットや図書館を利用する。情報をすぐに発見できれば良いのだが、うまくいかず、さまざまな情報源を参照することを繰り返すうちに必要な情報を発見することがある。こうした活動は「情報探索行動」と呼ばれている。この授業の目標は、情報探索行動の理論を学び、その成果を現実の図書館サービスや情報システムに適用できるようにすることである。

授業の簡単な概要

まず情報探索の理論を一通り学ぶ。次に、レファンレンスサービスのうちレファンレンスインタビューに焦点を当てて、図書館利用者と図書館員の間での相互作用を通じて必要な情報が得られる過程を情報探索行動の理論を用いて解明する。さらに情報検索の基礎について学び、最後にそれまで学んだ知識を用いて、利用者にとって望ましい情報システムと情報サービスについて考える。

学習支援

・LMS上の教材で復習することが望まれる。 ・LMS上のフォーラムを利用されたい。

オフィスアワー

学習内容

  1. 情報探索と情報ニーズ (1) 情報探索の手法
  2. 情報探索と情報ニーズ (2) 情報行動・情報探索行動・情報検索行動
  3. 情報探索と情報ニーズ (3) 情報ニーズ
  4. 情報探索行動の理論 (1) 認知面から
  5. 情報探索行動の理論 (2) 感情面から1
  6. 情報探索行動の理論 (3) 感情面から2
  7. 情報探索行動とレファレンスサービスの実践 (1) レファレンスサービスとレファレンスプロセス
  8. 情報探索行動とレファレンスサービスの実践 (2) レファレンスインタビュー1
  9. 情報探索行動とレファレンスサービスの実践 (2) レファレンスインタビュー2
  10. 情報検索のしくみ (1) 線型操作による検索
  11. 情報検索のしくみ (2) 索引と論理検索
  12. 情報検索のしくみ (3) ランク付けの手法
  13. 情報探索を支援する情報システムと情報サービス (1) 利用者中心主義
  14. 情報探索を支援する情報システムと情報サービス (2) 探索型検索
  15. 情報探索を支援する情報システムと情報サービス (3) 図書館における利用者中心アプローチ

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

毎回、担当教員が自作したテキストを配付する。

参考書

・三輪眞木子「情報行動」ISBN: 978-4585054320 ・三輪眞木子「情報検索のスキル」ISBN: 978-4121017147 ・齋藤泰則「利用者志向のレファレンスサービス」ISBN: 978-4585054269 ・森大二郎「検索エンジンはなぜ見つけるのか」ISBN: 978-4822284619 ・Christopher D.Manningほか「情報検索の基礎」ISBN: 978-4320123229

NDC

10

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   100
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項:

毎回の授業に出席すること。