図書館情報学概論I

授業科目区分

学部共通専門科目/専門科目
図書館情報系/メディア表現コース科目
選択 2単位 1年次 前期

図書館情報(司書)必修/
教職課程選択/ 社会教育主事選択/

担当教員

柊 和佑・安藤 友晴

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

図書館について、役割、歴史と現状、運営形態、今後の課題までを包括的に把握できるようになることが目標である。

授業の簡単な概要

図書館について、その成り立ち、種類、意義・役割などの基礎的な知識のほかに、利用方法から日常業務、分類法に至るまでの実践的な知識を学ぶ。また、地域社会のなかで図書館とはどのような役割を担っているのか、その類縁機関を学ぶことで考察する。図書館司書、社会教育主事の資格取得に興味のある学生にとっては格好の入門科目である。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. 図書館の現状と動向
  2. 図書館の歴史
  3. 図書館の組織(組織構成、館長の役割、人事管理、図書館協議会)
  4. 図書館職員の役割と資格(業務全般、貸出業務、ボランティアとの連携)
  5. 図書館の構成要素と機能
  6. 図書館の施設・設備
  7. 図書館サービスの概要
  8. 主題分析と目録
  9. 日本十進分類法
  10. 図書館とレファレンス業務
  11. 図書館と児童サービス
  12. 図書館と地域社会 --概説
  13. 図書館と地域社会 --稚内での実践例
  14. 図書館の類縁機関・関係団体(博物館・美術館、文書館との連携)
  15. 図書館の課題と展望

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

毎回資料プリントを配布する。

参考書

今まどか編著「図書館学基礎資料 第十版」, 樹村房・モーリーン・サワ「本と図書館の歴史」, 西村書店

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     100
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項:

5回以上の欠席した場合は放棄したと判断します