マルチメディア表現概論

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 環境と社会系
選択 2単位 2年次 後期

教職課程必修/

担当教員

小谷 彰宏

履修に必要な予備知識や技能

ビデオカメラやデジタルカメラの基本知識を身につけているのが望ましい。

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

必ずマルチメディア表現実習と合わせて履修すること。

学習教育の目標

 画像・映像処理、音声・音楽処理、図形処理、テキストなど、あらゆる情報メディアの組み合わせによる新たな表現方法を創出する。

授業の簡単な概要

 コンピュータやインターネットの普及によって画像、映像、音声、テキストなど、あらゆる情報メディアがシームレスに扱えるようになっているが、さらに、これらのシステムと演劇やパフォーマンスなどの身体的メディアを組み合わせた総合的な芸術も生み出されている。本講義では、ゲームからロボトロニクスあるいは絵画からメディアアートまで、コンピュータに限らずあらゆるメディアを研究対象とするとともに、さまざまなマルチメディアの組み合わせによる新たな表現方法を模索し、最終的には、実際の製品デザインやイベントの企画立案などをシミュレートする。 A4サイズのスケッチブックまたは、クロッキー帳を用意すること。 ※学外での撮影や街のイベントに参加し発表を行う場合もあります 

学習支援

オフィスアワーの他、メール等でいつでも対応します。

オフィスアワー

"授業にてお知らせします。"

学習内容

  1. 表現手段としての情報メディア
  2. デザインの造形要素
  3. 図形による表現
  4. 図形処理の基礎と座標変換の利用
  5. 画像・映像による表現
  6. 画像処理・映像処理の基礎
  7. 音声・音楽による表現
  8. 音声・音楽処理の基礎
  9. 映像作品による表現
  10. 映像作品制作の基礎1
  11. 映像作品制作の基礎2
  12. 映像作品の発信とコミュニケーション
  13. 数理的秩序と美的表現
  14. モデル化とシミュレーション
  15. 物理現象・社会現象のシミュレーション

期末試験やレポートなどの留意事項

16.試験を行ないます。

教科書

必要に応じてプリントを配布する。

参考書

「入門マルチメディア ~ITで変わるライフスタイル~」西原 清一/CG-ARTS協会-2006 

NDC

7

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     50点
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:30点
その他:

20点(準備学習や授業への受講態度)

上記割合以外に注意すべき事項:

マルチメディア表現実習での作品制作と関連するため、欠席が多いと両科目に影響します。