ネットワーク管理論 U

授業科目区分

情報メディア学科
専門科目 ネットワーク・コンテンツ系
選択 2単位 4年次 前期



担当教員

ゴータム・ビスヌ・プラサド

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

ネットワーク管理論I,ネットワーク管理論I実習を受講していること。

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

TCP/IPネットワークの理解と動的ルーティングについて学ぶ。

授業の簡単な概要

必ず、講義を受講すること。万一欠席した場合は、次回までに、Webページなどを参考に、後れを取り戻しておくこと。実際的なフィルタリングの動作原理を学ぶことによって、TCP/IPについての理解を深める。同時に、RIP,OSPF,BGPなどの動的ルーティングについて、その原理を学ぶと同時に実践的な知識の習得を目指します。授業は講義および実習を伴うので、必ず毎回出席し、課題に取り組むことが要求される。

学習支援

LMS上にテキスト、質疑コーナーを設けます。

オフィスアワー

学習内容

  1. ガイダンス:DNSとは
  2. DNSとは(その2)
  3. Firewall:何をフィルタリングするべきか
  4. IPFilterの概要
  5. IPFilterのルールセット
  6. 各種サービスとルール
  7. 動的ルーティング
  8. RIP
  9. QuaggaとRIPの実際
  10. OSPFの概略
  11. OSPFのネットワーク構成
  12. QuaggaとOSPF
  13. BGPの概略
  14. QuaggaとBGP
  15. まとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

プリントを配る。

参考書

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   80
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項:

出席を取り、評価します。出席点を20点とする。