応用プログラミング

授業科目区分

情報メディア学科
専門科目 ソフトウェア開発系
選択 2単位 2年次 前期


教職課程選択/

担当教員

安藤 友晴

履修に必要な予備知識や技能

・「プログラミング基礎」で取り扱う基礎的なプログラミングの知識 ・演習を行うために必要なコンピュータの操作に関わる知識

履修条件

・プログラミング基礎

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし

学習教育の目標

「プログラミング基礎」を学んだ学生は、プログラミングにおける最も重要な考えかたを既に身につけたことになる。本授業は、それらの考えかたを用いて、整列・探索などのアルゴリズムとスタック・キューなどのデータ構造の扱いに習熟することが目標である。また、プログラミング言語としてScalaに加えてC言語を扱うため、それらの言語の取り扱いに習熟することも目標である。

授業の簡単な概要

「プログラミング基礎」の内容を再確認した後に、Scalaの知識を活用しつつC言語について学ぶ。その後、ScalaとC言語を用いて、データ構造とアルゴリズムについて学んでいく。なお、本授業では演習を行わないため、受講者が各自で授業内容に対応する演習を行うことが必須である。

学習支援

・LMS上の教材で復習することが望まれる。 ・LMS上のフォーラムを利用されたい。

オフィスアワー

月曜日5時間目/月曜日6時間目/火曜日2時間目

学習内容

  1. 「プログラミング基礎」の内容の再確認
  2. C言語入門 (1) 型と制御構造
  3. C言語入門 (2) 関数の作成と利用
  4. C言語入門 (3) ポインタの基本
  5. C言語入門 (4) ポインタと配列
  6. C言語入門 (5) 構造体の基本
  7. C言語入門 (6) 構造体とポインタ
  8. アルゴリズムの性能
  9. 線形探索と二分探索
  10. 整列 (1) 基本的な整列アルゴリズム
  11. 整列 (2) クイックソート
  12. キュー
  13. スタック
  14. 関数型プログラミングの考えかた (1)
  15. 関数型プログラミングの考えかた (2)

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

毎回、担当教員が自作したテキストを配付する。

参考書

・結城浩「プログラマの数学」ISBN: 978-4797329735 ・結城浩「新版C言語プログラミングレッスン 入門編」ISBN: 978-4797336788 ・Martin Oderskyほか「Scalaスケーラブルプログラミング第2版」ISBN: 978-4844330844

NDC

7.6

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     50
レポート:   50
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項:

毎回の授業に出席すること。