○ロシア語II

授業科目区分

学部共通
教養科目 外国語系
必修 1単位 1年次 後期



担当教員

岩本 和久

履修に必要な予備知識や技能

ロシア語Iを履修していること。

履修条件

ロシア語I

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし。

学習教育の目標

国境の町,稚内で,目にしたり,耳にしたりすることの多いロシア語の基礎を学ぶ。

授業の簡単な概要

動詞の現在変化,目的語,命令,数などの表現を学ぶ。

学習支援

補習用のプリントを配布する。

オフィスアワー

学習内容

  1. ロシア語Iの復習
  2. 「私は散歩します」(1)  動詞の現在変化を学習します。
  3. 「私は散歩します」(2)  動詞の現在変化を学習します。
  4. 「私は散歩します」(3)  教科書に登場する副詞を整理します。
  5. 「私は魚が好きです」(1)  「好きだ」という表現を学びます。
  6. 「私は魚が好きです」(2)  「…を」という表現(名詞の対格)を学びます。食べ物や飲み物を示すいろいろな名詞を学びます。
  7. 「私は魚が好きです」(3)  練習問題を解きながら,教科書7課の内容を復習します。
  8. 中間テスト  中間テストを通して,教科書6課,7課の内容を整理します。
  9. 「教えてください」(1)  「…したい」,「…がほしい」という表現を学びます。
  10. 「教えてください」(2)  命令形を学びます。
  11. 「教えてください」(3)  方向を示す表現を学びます。
  12. 「いくつですか」(1)  1〜20までの数を学びます。時間の表現を学びます。
  13. 「いくつですか」(2)  21〜100までの数を学びます。年齢の表現を学びます。
  14. 「いくつですか」(3)  「おはよう」,「こんにちは」,「こんばんは」,「おやすみなさい」というあいさつを学びます。
  15. まとめ  教科書8課,9課の内容をまとめます。

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

中島由美,黒田龍之助,柳町裕子『ロシア語へのパスポート(改訂版)』白水社,2005年。

参考書

特になし。

NDC

880

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     100
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項:

試験は2回に分けて実施します。