ロシア語III

授業科目区分

学部共通
教養科目 外国語系
選択 1単位 2年次 前期



担当教員

岩本 和久

履修に必要な予備知識や技能

ロシア語I,ロシア語IIを履修していること。

履修条件

ロシア語I,ロシア語II

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし。

学習教育の目標

国境の町である稚内において,ロシア語とは日常的に接する言語である。この授業では,隣国に対する理解を深める,及び地域社会の活性化という二つの点を目標としながら,「ロシア語I」,「ロシア語II」で学習した基礎的な事項を踏まえた上で,ロシア語の発展的な文法事項や実践的な表現を学習する。

授業の簡単な概要

過去や未来の表現,場所を示す表現とその際に用いられる対格や前置格,所有を示す表現とその際に用いられる生格について学ぶ。

学習支援

オフィスアワー

学習内容

  1. 「まとめII」  ロシア語I,ロシア語IIの内容を復習する。
  2. 「どこへ」(1)  「行く・来る」を表す動詞を学習する。
  3. 「どこへ」(2)  行き先の表現を学習する。
  4. 「どこへ」(3)  練習問題を解きながら,教科書10課の内容を復習する。
  5. 「モスクワの地図」(1)  名詞の生格を学ぶ。
  6. 「モスクワの地図」(2)  所有の表現を学ぶ。
  7. 「モスクワの地図」(3)  練習問題を通じて,教科書11課の内容を復習する。
  8. 中間テスト,「何曜日」(1)  中間テストを実施した後,曜日の表現を学ぶ。
  9. 「何曜日」(2)  未来の表現を学ぶ。
  10. 「何曜日」(3)  形容詞のいろいろな形を整理する。
  11. 「モスクワで」(1)  場所の表現(および名詞の前置格)を学ぶ。
  12. 「モスクワで」(2)  「住む」,「学ぶ」,「ある」を示す動詞を学ぶ。
  13. 「何をしていたの?」(1)  人間や動物を表す名詞の対格,人称代名詞の対格を学ぶ。
  14. 「何をしていたの」(2)  動詞の過去形を学ぶ。
  15. 「何をしていたの」(3)  練習問題を解きながら,教科書14課の内容を整理する。

期末試験やレポートなどの留意事項

特になし。

教科書

中島由美,黒田龍之助,柳町裕子『ロシア語へのパスポート(改訂版)』白水社,2005年。

参考書

特になし。

NDC

880

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     100
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

上記割合以外に注意すべき事項:

特になし。