教育制度論

授業科目区分

情報メディア学科
教職課程
選択 2単位 3年次 前期

教職課程必修/

担当教員

米津 直希

履修に必要な予備知識や技能

 特になし。

履修条件

 

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 教育制度とは、教育の目的を達成するための社会的に公認された仕組みである。この講義では、日本の教育制度についての基礎的な知識を身につけるとともに、それらが現代日本の教育現場においてどのように運用されているのかを見ていく。講義を通して教育制度の論理と構造についての理解を深めたい。

授業の簡単な概要

 下記のテキストの内容にしたがって、現代教育制度の基礎的な内容を扱う。子どもの権利、教育を受ける権利などの概念を確かめ、教育法のしくみや内容についての理解を深める。

学習支援

 教育に関するトピックを紹介する。

オフィスアワー

随時受け付ける。研究室在室中であればいつでも可。メールで事前連絡を推奨。

学習内容

  1. 教育制度とは何か
  2. 教育制度を学ぶ意味:「教育を受ける権利」
  3. 子どもの権利:子どもの権利条約
  4. 教育法のしくみ:教育に関する法規の種類
  5. 教育内容の制度:学習指導要領
  6. 日本国憲法:日本国憲法と教育基本法
  7. 教育基本法の改訂:新旧教育基本法の比較
  8. 教育の目的と目標:教育の目標と現場の取り組み
  9. 学校の制度:学校の法的な位置づけ
  10. 義務教育の制度:公教育のありかた
  11. 教育の基本均等:子どもの貧困と奨学制度
  12. 教職員の制度:教員の職務と資格
  13. 教育行政の制度:教育行政の役割と新自由主義改革
  14. 保育の制度:保育のしくみと施設
  15. 講義のまとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

 川口洋誉、中山弘之『未来を創る教育制度論 未来の教師ファースト・ステップ』北樹出版、2013年5月  *購入は必須ではない。初回ガイダンス時に指示する。

参考書

 講義のなかで適宜紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   30
作品:     0
成果発表:   0
ポートフォリオ:40
その他:

出席 30  出席、授業参加態度などを考慮し総合的に評価する。

上記割合以外に注意すべき事項:

 規定により3分の1以上の欠席は授業放棄とみなす。