ソフトウェア制作演習

授業科目区分

情報メディア学科
専門科目 総合系
選択 2単位 3年次 後期



担当教員

佐賀孝博、安藤友晴、浅海弘保、小泉真也、ゴータム・ビスヌ・プラサド、柊和佑

履修に必要な予備知識や技能

情報系科目で学んだプログラミング、データベース操作、システム管理などの内容

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

講義時間以外の活動も多くなることも理解した上で履修のこと

学習教育の目標

 学生自身が地域の課題を発見し、ICTによりその課題を解決する方策を検討し、解決策を提示する。

授業の簡単な概要

 本授業は、地域の課題を検討したうえで、それを解決する情報システムなどを構築する。システム開発においてはチーム制作になる場合もある。  システム開発の進行度合いにより、適宜中間発表の時間を設ける。  また、システム開発は講義時間外の作業となる場合もある。

学習支援

授業内外での積極的な質問を受け付ける。

オフィスアワー

 別途研究室に掲示するので確認してください。

学習内容

  1. ガイダンス
  2. 地域課題の検討(稚内の良いところ、改善の必要なところ)
  3. 地域課題のICTによる解決(1)
  4. 地域課題のICTによる解決(2) チーム編成の決定
  5. システムの設計
  6. システムの開発(1)
  7. システムの開発(2)
  8. システムの開発(3)
  9. システムの開発(4)
  10. システムの開発(5)
  11. システムの開発(6)
  12. システムの開発(7)
  13. システムの開発(8)
  14. システムのプレゼン
  15. まとめ

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

特になし

参考書

特になし

NDC

7

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     
成果発表:   60
ポートフォリオ:
その他:

出席40

上記割合以外に注意すべき事項: