社会調査論

授業科目区分

学部共通
教養科目 社会科学系
選択 2単位 2年次 後期


社会教育主事選択/

担当教員

侘美俊輔、若原 幸範

履修に必要な予備知識や技能

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 現代社会において広く行われている「社会調査」の概要を把握するとともに、実際に「(模擬)聞き取り調査」を実施し、社会調査の基本的な事項を理解する。

授業の簡単な概要

 現代社会において広く行われている「社会調査」の概要を把握するとともに、実際に「(模擬)聞き取り調査」を実施し、社会調査の基本的な事項を理解する。

学習支援

オフィスアワー

""

学習内容

  1. 授業ガイダンス(授業の進め方なども含めるので、受講希望者は必ず出席すること)
  2. 社会調査とは
  3. 量的調査の実際@
  4. 量的調査の実際A
  5. 量的調査の実際B
  6. アンケート調査の集計(実習)
  7. アンケート調査の分析(実習)
  8. 質的調査とは
  9. 質的調査の基本的特徴
  10. 質的研究と量的研究
  11. 質的研究の倫理
  12. 質的調査実習@(課題設定と設問作成)
  13. 質的調査実習A(聞き取り調査の実施)
  14. 質的調査実習B(データの分析)
  15. 質的調査実習C(成果報告)・総括

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

参考書

ウヴェ・フリック(小田博志監訳)『新版 質的研究入門 ―〈人間の科学〉のための方法論』春秋社、2011年

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     
成果発表:   50(聞き取り調査の実習成果)
ポートフォリオ:
その他:

50:毎回のリアクションペーパーや小レポートの内容

上記割合以外に注意すべき事項: