特別活動論

授業科目区分

教職専門科目

選択 2単位 2年次 後期



担当教員

坪内 晃

履修に必要な予備知識や技能

教職課程履修者及び履修予定者。

履修条件

とくになし

その他この科目を履修するために必要な条件

とくになし

学習教育の目標

 特別活動の意義と学校教育の今日的課題を踏まえ、他領域との関連を図りながら、課題解決の方向性と具体的方策を考察し、実践的指導力の基礎を養う。とくに、いじめや不登校を生まない学級(HR)経営の在り方について、事例を通して実践的に学ぶ。

授業の簡単な概要

 特別活動の意義と歩みを確認するとともに、新学習指導要領の趣旨・内容について理解する。学級(HR)経営を中心に、事例検討などを行い、望ましい指導の在り方を学ぶ。 【形式:講義、演習、模擬授業、学校行事等参観・参加、レポート、討論など】 【全体構成:講義と演習、討論を中心にすすめる】

学習支援

特別活動の題材は、生徒の実生活の中にある。常に社会の動向に留意するとともに、教育課題に対する自己の見解を持つよう努力すること。あらかじめ課題が出されている場合は、必ず事前に調べておくこと。

オフィスアワー

学習相談等は、随時受け付けるので、事前に希望日時を連絡すること。

学習内容

  1. 特別活動の意義と教育課題(為すことによって学ぶ特別活動の意義を学ぶ)
  2. 学習指導要領と特別活動(学習指導要領における特別活動の位置・内容を確認する)
  3. 特別活動の歩み(国内外における特別活動の歴史を概観する)
  4. 特別活動の目標と内容(特別活動の特質や分野について理解する)
  5. 指導計画の作成(全体計画及び年間指導計画を踏まえ学級経営案を作成する)
  6. 学級指導(HR)の指導(いじめや不登校など学級指導上の諸問題について考察する)
  7. 生徒会活動の指導(生徒会活動の意義と特質について事例に基づき考察する)
  8. 学校行事の指導(それぞれの内容についてねらいや配慮事項について考察する)
  9. 部活動の指導(部活動の意義と課題について実践的に考察する)
  10. 特別活動と教科・道徳・総合的な時間の関連」(相乗効果について理解する)
  11. 特別活動と進路指導(「就業」とはなにか、生き方との関連で考える)
  12. 特別活動の評価(目的や内容、具体的評価のあり方を理解する)
  13. 特別活動と地域の連携(地域の特色を生かした特別活動のあり方を追求する)
  14. 特別活動と危機管理(実例に基づき危機管理のあり方について実践的に学ぶ)
  15. 特別活動と教師の在り方(教師自身の生き方や指導の在り方の重要性を自覚する)

期末試験やレポートなどの留意事項

レポートは、課題に正対し自己の見解が述べられているかどうかを基準に評価する。誤字脱字、字数、文章構成等も考慮する。

教科書

文部科学省『中学校学習指導要領』H20.3 文部科学省『高等学校学習指導要領』H21.2

参考書

適宜紹介する。

NDC

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     60
レポート:   20
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

出席 20

上記割合以外に注意すべき事項:

出席を重視するので、注意すること。