応用UNIX

授業科目区分

情報メディア学科
専門科目 ネットワーク系
選択 2単位 2年次 後期

教職課程必修/

担当教員

佐賀 孝博

履修に必要な予備知識や技能

UNIXのファイルシステム、基本的なコマンドを習得していること。

履修条件

「UNIX基礎・実習」

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 「UNIX基礎」を受けて、UNIXのファイルシステムやプロセス管理を理解した上で、UNIX上で動作するシェルスクリプトの基礎を学んだ後、awkなどを習得する。  また、UNIXが起動する際に実行される、シェルスクリプトを読み解く。  これらシェルスクリプトの作成や読解などを通して、UNIXシステムの特徴と設計思想を理解することを目標とする。

授業の簡単な概要

 講義は配布するプリントを用いて行う。

学習支援

質問は逐次受け付けますので、適宜研究室などを訪ねてください。

オフィスアワー

 別途研究室に掲示するので確認してください。

学習内容

  1. シェルとは、シェル引数、シェルスクリプトの作成手順
  2. シェル変数、シェル変数の展開
  3. 環境変数、パス、コマンド置換
  4. 正規表現、grep
  5. sed
  6. awk(1) パターンとアクション、フィールドとレコード、BEGINとEND
  7. awk(2) 演算子、出力の整形
  8. awk(3) 制御構造、シェル引数とawk
  9. シェルスクリプト(1) シェルの内部コマンド
  10. シェルスクリプト(2) 条件分岐
  11. シェルスクリプト(3) ループ処理
  12. シェルスクリプト(4) 関数
  13. ピリオドファイル、rcスクリプト
  14. CGIを利用したシェルスクリプトでのWebアプリケーション(1)
  15. CGIを利用したシェルスクリプトでのWebアプリケーション(2)

期末試験やレポートなどの留意事項

試験はプリントおよび参考書の持ち込みを可とする。

教科書

毎回プリントを配布する。

参考書

必要に応じて適宜指示する。

NDC

7

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     100
レポート:   
作品:     
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

出席状況も評価対象とする。

上記割合以外に注意すべき事項:

筆記試験はプリント・参考書の持ち込みを可とする。