ビジュアルデザイン

授業科目区分

地域創造学科
専門科目 環境と社会系
選択 2単位 3年次 前期


教職課程選択/

担当教員

小谷 彰宏

履修に必要な予備知識や技能

 参考資料をたくさん集めることが重要なので、街で見かける広告物や、雑誌で気に入ったページなどをファイリングしてほしい。  A4サイズのスケッチブックまたは、クロッキー帳、各自が収集した参考資料を整理するファイルを用意すること。

履修条件

その他この科目を履修するために必要な条件

学習教育の目標

 ビジュアルデザインを考察するなかから、自己と社会とのコミュニケーションをテーマに、情報をわかりやすく伝達するための考え方や表現方法を研究し、自分自身をプレゼンテーションする企画構成力を養う。

授業の簡単な概要

 現代の視覚伝達デザインにおいてコンピュータ上での制作は不可欠である。そこで、まずは、アプリケーションを用いたグラフィックデザイン、エディトリアルデザイン、イラストレーションなどといった視覚的に表現するデザイン全般に関する基礎的な知識を学ぶとともに、それぞれの違いにつて理解を深める。  次いで、日常生活にみられる広告などのデザインを参考に、授業の目標及びテーマに沿って企画を立案する。 ※学外での撮影や街のイベントに参加し発表を行う場合もあります。

学習支援

メール等でいつでも対応します。

オフィスアワー

授業にてお知らせします。

学習内容

  1. ガイダンス
  2. デザインについて
  3. デザイン基礎 1
  4. デザイン基礎 2
  5. 企画立案 観光案内などの情報地図作成、ほか
  6. 資料の収集及び企画立案
  7. 表現方法の模索・検討
  8. 企画書の作成
  9. 各自の表現手段に応じた作品制作
  10. 各自の表現手段に応じた作品制作
  11. 各自の表現手段に応じた作品制作
  12. 各自の表現手段に応じた作品制作
  13. 各自の表現手段に応じた作品制作
  14. 作品の仕上げ
  15. プレゼンテーションと講評

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

『やさしいデザインの教科書』瀧上園枝 著 エムディエヌコーポレーション 2012

参考書

『デザイン制作のセオリー』佐々木 剛士著 グラフィック社 2007

NDC

727

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   
作品:     80
成果発表:   
ポートフォリオ:
その他:

20点(準備学習や授業への受講態度)

上記割合以外に注意すべき事項:

出席をしなければ作品制作が進まないため出席状況が評価に大きく影響します。