情報教養V実習(情報科学実習)

授業科目区分

専門科目
専門科目 情報テクノロジーコース
まちラボ・わくらぼ:使用しない
情報テクノロジーコース必修 1単位 2年次 前期


教職課程(情報)必修

担当教員

佐賀 孝博

学習教育の目標

 実習を通して「情報教養V」で学んだことの理解を深める。
 コンピュータ・ハードウェアの仕組みを理解するとともに、情報理論及びソフトウェア工学に関する基礎的な概念の習得を目標とする。
 また「基本情報技術者」試験程度の企業活動についても学ぶ。

授業の簡単な概要

 授業は実習室で行う場合もあります。実習室は開放されているので、実習時間にやり残した課題があれば次回までに終えておいてください。

この科目のキーワード

情報科学 基本情報技術者試験

履修もしくは取得していなければいけない科目

「情報教養T」「情報教養U」

履修に必要な予備知識や技能

特になし。

その他この科目を履修するために必要な条件

試験への教科書・ノート等の持ち込みは不可とする。

学習支援

質問は逐次受け付けますので、適宜研究室などを訪ねてください。

オフィスアワー

時間割決定後に授業等で連絡します。

学習内容

  1. 基礎理論(1)
  2. 基礎理論(2)
  3. アルゴリズムとプログラミング(1)
  4. アルゴリズムとプログラミング(2)
  5. コンピューターとシステムの構成要素
  6. データベース
  7. ネットワーク
  8. セキュリティ
  9. システム開発技術
  10. プロジェクトマネジメント
  11. システム監査
  12. システム戦略
  13. 経営戦略
  14. 企業と法務
  15. まとめ
  16. 試験

教科書

「かんたん合格 基本情報技術者教科書 平成28年度」 インプレス、1,280円

参考書

授業の中で適宜紹介する。

NDC

007

科目分類コード

1802 2 09

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:      / 100
レポート:    / 100
小テスト(中間テストなど含む): / 100
小レポート(中間レポートなどを含む): 50 / 100
作品:      / 100
ポートフォリオ: / 100
その他: 毎回の演習課題 50 / 100

授業参加態度などを考慮して総合的に評価する。