環境社会学

授業科目区分

専門科目
専門科目 地域デザインコース
まちラボ・わくらぼ:使用しない
地域デザインコース必修 2単位 2年次 前期




担当教員

遠藤 孝夫

学習教育の目標

 環境問題の発生とそれに対する解決の模索を通じた環境と人間社会の共存へ向けて、社会学的な分析を行うために必要な環境社会学を学ぶ。環境社会学における基本的な知見についての理解を深め、環境との共生を目指して現下の諸問題を考える上での基盤づくりを行うことを目標とする。

授業の簡単な概要

 講義形式で進められる。授業中は要点をノートにメモしていくこと。授業後は、すみやかに授業内容の概要と理解を深めた事項に関するコメントを小レポートとしてまとめ、次回の授業開始時には提出できるようにしておくこと。  授業で学ぶ考え方や事例の内容を踏まえて、書籍やニュース等の情報との関係を自発的に学び考えることが必要である。

この科目のキーワード

環境社会学 公害問題 地域と環境問題 公共的資源の管理

履修もしくは取得していなければいけない科目

 特になし。

履修に必要な予備知識や技能

 特になし。

その他この科目を履修するために必要な条件

 環境系科目の学習方法の基本を身につけるために、事前に「地球環境と人間活動」と「環境とエネルギー」の両方あるいは少なくともどちらか一方を履修して修得することが勧められる。

学習支援

 授業中における質疑や議論の機会だけでなく、オフィスアワーも活用のこと。

オフィスアワー

時間割決定後に授業等で連絡します。

学習内容

  1. 環境社会学概論  今後、本科目を履修していくための案内を受ける。
  2. 環境社会学の課題と視点について理解を深める。
  3. 産業化以後の環境問題について理解を深める。
  4. 環境問題の原点としての公害問題について理解を深める。
  5. 公共事業に起因する公害問題について理解を深める。
  6. 廃棄物処分場問題について理解を深める。
  7. 地域と環境問題について理解を深める。
  8. 公共的資源の管理について理解を深める。
  9. 社会的ジレンマについて理解を深める。
  10. 社会的ジレンマの諸類型について理解を深める。
  11. 自然エネルギーと地域振興について理解を深める。
  12. まとめ(1)  環境社会学に関する理解を整理するための課題の内容と取り組み方について理解を深める。
  13. まとめ(2)  環境社会学に関する理解を整理するための課題について取り組み方に則って実践する。
  14. まとめ(3)  環境社会学に関する理解を整理するための課題について取り組み方に則ってまとめる。
  15. 活動総括  本科目の取組み状況を総括し、学習目標に対する自己の達成度を点検する。

教科書

 教科書は用いず、必要に応じて資料を配付する。

参考書

 必要に応じて、適宜提示する。

NDC

519(公害 環境工学)/361(社会学)

科目分類コード

1601/1602/1603/1403

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:      / 100
レポート:    60 / 100
小テスト(中間テストなど含む): / 100
小レポート(中間レポートなどを含む): 40 / 100
作品:      / 100
ポートフォリオ: / 100
その他:

 各回の授業内容の概要と理解を深めた事項に関する小レポートと、最終レポートにより評価される。  出席回数が授業回数の3分の2以上に満たなければ単位は発行されない。大幅な遅刻は欠席扱いとする。