情報サービス演習

授業科目区分

専門科目
専門科目 メディア表現コース
まちラボ・わくらぼ:使用しない
選択科目 2単位 3年次 後期



図書館情報学課程(司書)必修.

担当教員

安藤 友晴・石橋 豊之

学習教育の目標

情報サービス論及びそれまでに学習した内容にも基づき演習を行う。情報サービスの設計から評価までに至る業務及びレファレンスサービス等の演習を通して実践的な能力を養う。

授業の簡単な概要

情報サービス論と連動した講義構成となっている。「演習」とあるように情報さサービスに関わる演習を行うので理論と実践を通して「情報サービス」の重要性について学ぶ。なお、演習の際は積極的かつ粘り強く実施することを求める。

この科目のキーワード

図書館/情報サービス/レファレンスサービス/レファレンスコレクション/情報検索/発信型情報サービス

履修もしくは取得していなければいけない科目

「情報サービス論」を履修すること(原則として本科目のみの履修は認めない)。

履修に必要な予備知識や技能

3年前期までの図書館情報学課程の必修科目の単位を取得していることが望ましい(必須ではない)。

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし。

学習支援

質問は逐次受け付けますので、適宜研究室を訪ねるなどご連絡ください。

オフィスアワー

学習内容

  1. 第1回 ガイダンス/第2回 情報サービスの設計
  2. 第3回 レファレンスコレクションの形成1/第4回レファレンスコレクションの形成2
  3. 第5回 参考図書評価の実際1/第6回 参考図書評価の実際2
  4. 第7回 レファレンスインタビューの整備1/第8回 レファレンスインタビューの整備2
  5. 第9回 レファレンスインタビューの技法1 質問/第10回 レファレンスインタビューの技法2
  6. 第11回 レファレンスインタビューの実際1/第12回 レファレンスインタビューの実際2
  7. 第13回 情報資源の探し方(概要)/第14回情報検索の技法と実際1 図書情報の検索
  8. 第15回 情報検索の技法と実際2 新聞・雑誌の検索/第16回 情報検索の技法と実際 図書の内容からの検索
  9. 第17回 情報検索の技法と実際3 映像・音楽の検索/第18回 情報検索の技法と実際4 データベースからの検索
  10. 第19回 情報検索の技法と実際5 電子ジャーナルからの検索/第20回 情報検索の技法と実際6 統計情報等(電子データ)の検索
  11. 第21回 質問に対する検索と回答1 質問の分析/第22回 質問に対する検索と回答2 情報源の選択
  12. 第23回 発信型情報サービスの実際/第24回 インフォメーションファイルの作成
  13. 第25回 インフォメーションファイルの維持管理/第26回 パスファインダーの作成1
  14. 第27回/第パスファインダーの作成2/第28回レファレンス事例の作成1
  15. 第29回 レファレンス事例の評価/第30回 まとめ

教科書

特に指定しない。

参考書

原田智子. 情報サービス演習. 樹村房, 2012, 213p., (現代図書館情報学シリーズ, 7).

NDC

10

科目分類コード

1303

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:      50 / 100
レポート:    / 100
小テスト(中間テストなど含む): 50 / 100
小レポート(中間レポートなどを含む): / 100
作品:      / 100
ポートフォリオ: / 100
その他: