リスニング研究T

授業科目区分

専門科目
専門科目 ビジネス観光コース
まちラボ・わくらぼ:使用しない
選択科目 2単位 2年次 前期




担当教員

南 満幸

学習教育の目標

 理論と実践を通して英語の音声について学ぶことによって、リスニング・スピーキングの能力を向上させることが目標である。

授業の簡単な概要

 まずは、英語の音声についての理論を学び、次いで各種英語検定試験のリスニング問題で実践的な学習をする。

この科目のキーワード

音声学 音韻論 フォニックス イントネーション ストレス チャンク キーワードの発見

履修もしくは取得していなければいけない科目

「基礎英語T」・「基礎英語U」

履修に必要な予備知識や技能

文法・語彙の基本的な知識

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし

学習支援

オフィスアワーを利用されたい。第16回に期末試験を行なう

オフィスアワー

時間割決定後に授業等で連絡します。

学習内容

  1. 語強勢(1) 練習問題
  2. 語強勢(2) 練習問題
  3. 文強勢(1) 練習問題
  4. 文強勢(2) 練習問題
  5. 短母音(1) 練習問題
  6. 短母音(2) 練習問題
  7. 長母音(1) 練習問題
  8. 長母音(2) 練習問題
  9. 二重母音(1) 練習問題
  10. 二重母音(2) 練習問題
  11. 音節(1) 練習問題
  12. 音節(2) 練習問題
  13. 子音(1) 練習問題
  14. 子音(2) 練習問題
  15. 子音(3) 練習問題
  16. 第16回に期末試験を行なう

教科書

特定の教科書は使用しない。毎回、プリントを配布する。

参考書

竹林 滋・斎藤 弘子 (著) 『英語音声学入門』 大修館書店 深沢 俊昭 『CD-ROM付 改訂版 英語の発音パーフェクト学習事典』 アルク

NDC

831

科目分類コード

3201

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:      50 / 100
レポート:    / 100
小テスト(中間テストなど含む): 50 / 100
小レポート(中間レポートなどを含む): / 100
作品:      / 100
ポートフォリオ: / 100
その他:

 授業時間内に行なう小テストの点数の合計を「平常点」として、成績の50%にする。