システム管理論

授業科目区分

専門科目
専門科目 情報テクノロジーコース
まちラボ・わくらぼ:使用しない
情報テクノロジーコース必修 2単位 3年次 後期

教職課程(情報)必修.


担当教員

浅海 弘保

学習教育の目標

システム管理の目的はコンピュータシステム環境を維持・管理することである。即ち、企業や学校において複数のコンピュータを導入した場合、多数のユーザがそれを使用できるように、システムを設計し、構築し、運用し、管理し、また必要に応じて変更・拡張することが重要である。 本講義では、このためのシステムの設計から管理までの基本的な考え方と、それを可能とする実践的な技術を具体的な演習を通して習得する。

授業の簡単な概要

OS はLinux を使用する。実際にシステムのインストールから始め、ユーザ管理、システムの起動・シャットダウン、ユーザ管理、ファイル管理、 NFS(Network File system)、Samba、LDAP、DNS、WWW サーバ等について実習を行いながら学んでいく。

この科目のキーワード

ネットワーク構成・運用・管理・評価技術

履修もしくは取得していなければいけない科目

UNIX基礎

履修に必要な予備知識や技能

UNIXの基本コマンドによるOSの操作

その他この科目を履修するために必要な条件

当日までにオンライン教材に目を通しておくと、講義の理解が進み、実習をスムーズに進めることができます。

学習支援

対面講義(実習含む)、LMS上のテキストと講義資料。 質問は逐次受け付けるので、授業中、オフィス・アワーなどに尋ねてください。

オフィスアワー

時間割決定後に授業等で連絡します。

学習内容

  1. はじめに、講義と実習の進め方
  2. OSのインストールと管理、パッケージの更新と管理
  3. ファイルシステムの管理
  4. サービスの停止、起動、およびシステムの起動・シャットダウン
  5. ユーザ管理とアクセス権の管理
  6. NFS(Network File system)の提供とNFSの自動マウント
  7. DHCPとネットワーク設定
  8. DNS(Domain Name System)と名前解決
  9. Mailサービスの管理・運用 MTAとMUAの関係
  10. Sambaを用いたWindows向けファイルサーバの提供
  11. WWW サービスの提供とアクセス制御
  12. LDAPによるユーザ認証とユーザ管理
  13. LDAPによる各種サービスの統合管理
  14. セキュリティとSSH
  15. 管理を効率化するシェルスクリプト

教科書

LMS上のオンライン教材

参考書

必要に応じて適宜指示する

NDC

548

科目分類コード

1103

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:      / 100
レポート:    / 100
小テスト(中間テストなど含む): / 100
小レポート(中間レポートなどを含む): / 100
作品:      80 / 100
ポートフォリオ: 学習意欲の定量的評価 20 / 100
その他: