WEBデザイン

授業科目区分

専門科目
専門科目 メディア表現コース
まちラボ・わくらぼ:使用しない
メディア表現コース必修 2単位 2年次 後期

教職課程(情報)必修.


担当教員

小谷彰宏・小泉真也

学習教育の目標

WEBページ(文書)製作の筋道を理解し、ソフトウェアを活用したWEBページの作成ができる。 「閲覧者に訴求する質の高い情報発信」および「閲覧や管理のしやすいWEBの作成」に対する理解を深める。

授業の簡単な概要

「WEBデザイン」の習得は複合的な知識の理解を必要とします。その内容は、グラフィックデザインやレイアウトデザインだけでなく、視覚的な表現の意味づけ、表示のためのプログラミング、安全性の考慮などといった、設計手法の理解と多岐にわたるものです。 本講義では「インターネットで閲覧する電子的文書」について、その作成のために不可欠な基礎および、ソフトウェアの活用法を学習します。

この科目のキーワード

HTML5, CSS3, Javascript, ユーザビリティ, ユーザーエクスペリエンスデザイン, インタラクションデザイン, アクセシビリティ

履修もしくは取得していなければいけない科目

特にありません。

履修に必要な予備知識や技能

基礎的なコンピュータ・リテラシー(キーボードおよびマウスの操作、ディレクトリ/フォルダ、ファイル)

その他この科目を履修するために必要な条件

特にありません。

学習支援

質問は、LMSやメール等で逐次受付ます。

オフィスアワー

時間割決定後に授業等で連絡します。

学習内容

  1. Webサイトのビジュアルデザイン(小谷)
  2. Webの構成要素、素材・Webサイトのテーマ設定(小谷)
  3. Webの設計案−ディレクトリ構造、サイトマップ(小谷)
  4. Webのための画像−形式、加工法(小谷)
  5. Webのための色彩基礎(小谷)
  6. 色彩によるサイトイメージ(小谷)
  7. Webのためのレイアウトデザイン(小谷)
  8. Webサイトのデザイン作成−ビジュアル面でのプロトタイプ(小谷)
  9. 近年の Web ドキュメントの位置づけ(小泉)
  10. WYSIWIG − Webオーサリングツールによる Web 文書の作成(小泉)
  11. HTML とは(小泉)
  12. HTML の記述(小泉)
  13. CSS とは(小泉)
  14. CSS の記述(小泉)
  15. Javascript とは
  16. Javascript − ライブラリの活用(小泉)

教科書

LMS等、教員より配布します。

参考書

キーワードに挙げた概念のほかに、Adobe PhotoShop や Illustrator? 等、ソフトウェアの使用法に係る図書館の蔵書を参考にしてください。

NDC

547.483

科目分類コード

1651

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:      / 100
レポート:    40% / 100
小テスト(中間テストなど含む): / 100
小レポート(中間レポートなどを含む): / 100
作品:      60% / 100
ポートフォリオ: / 100
その他: