情報サービス論

授業科目区分

専門科目
専門科目 メディア表現コース
まちラボ・わくらぼ:使用しない
選択科目 2単位 3年次 後期



図書館情報学課程(司書)必修.

担当教員

安藤 友晴・石橋 豊之

学習教育の目標

情報化社会において、レファレンスサービスや情報リテラシー教育などの重要性は高まっている。これらを実践するための具体的な方法(レファレンスブック、データベースなどの情報源の活用)や理論について理解する。

授業の簡単な概要

「情報サービス演習」の前提となる科目である。図書館サービスの一つである情報サービスに関する基本的な概念、代表的なサービス、代表的な情報源さらにはこれらを統合した発信型サービスについて解説する。また、情報リテラシー教育ついても解説をする。

この科目のキーワード

図書館/情報サービス/レファレンスサービス/レファレンスコレクション/情報検索/発信型情報サービス

履修もしくは取得していなければいけない科目

「情報サービス演習」を履修すること(原則として本科目のみの履修は認めない)。

履修に必要な予備知識や技能

3年前期までの図書館情報学課程の必修科目の単位を取得していることが望ましい(必須ではない)。

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし。

学習支援

質問は逐次受け付けますので、適宜研究室を訪ねるなどご連絡ください。

オフィスアワー

学習内容

  1. 情報社会と図書館
  2. 情報サービスの意義と種類1
  3. 情報サービスの意義と種類2
  4. レファレンスサービスの理論1
  5. レファレンスサービスの理論2
  6. レファレンスサービスの実際1
  7. レファレンスサービスの実際2
  8. 情報検索の種類と理論
  9. 情報源の特徴と利用方法1
  10. 情報源の特徴と利用方法2
  11. 情報源の評価
  12. 情報源の組織化
  13. 情報リテラシー教育の展開
  14. 発信型情報サービスの意義と方法1
  15. 発信型情報サービスの意義と方法2

教科書

特に指定しない。

参考書

山ア久道. 情報サービス論. 樹村房, 2012, 208p., (現代図書館情報学シリーズ, 5).

NDC

10

科目分類コード

1303

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:      50 / 100
レポート:    / 100
小テスト(中間テストなど含む): 50 / 100
小レポート(中間レポートなどを含む): / 100
作品:      / 100
ポートフォリオ: / 100
その他: