幾何学II

授業科目区分

専門科目
専門科目 数学教育コース
まちラボ・わくらぼ:使用しない
選択科目 2単位 3年次 後期

教職課程(数学)選択.


担当教員

安東 雅訓

学習教育の目標

集合の開・閉や写像の連続性を定義から証明できる.

授業の簡単な概要

距離空間, 位相空間について講義する.

この科目のキーワード

距離, 位相,

履修もしくは取得していなければいけない科目

集合論入門, 微分積分学I, II

履修に必要な予備知識や技能

集合論の知識, 特に任意, 存在の記号を含む命題の証明ができることを前提とする.

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし

学習支援

自主的なレポートを受け付ける

オフィスアワー

時間割決定後に授業等で連絡します。

学習内容

  1. 実数の公理: 実数の公理について学. また, 絶対値の基本定性質を実数の公理のみを用いて証明する.
  2. 数列の収束と近傍: 数列が収束することのε-N法による定義を解説する. また基本的な収束列の性質を証明する.
  3. コーシー列と完備性: 収束列がコーシー列であること, およびコーシー列が収束列であることについて学ぶ.
  4. 区間と有界閉集合: 実数直線における区間と有界閉集合の定義をする.
  5. 連続関数: 関数が連続であることのε-δ法による定義を解説する. また基本的な連続関数の性質を証明する.
  6. 距離空間の定義と例: 距離空間を定義し, その例を紹介する.
  7. 点列の収束と近傍: 距離空間における点列の収束を定義する. また収束列の基本的性質を証明する.
  8. コーシー列と完備距離空間: 収束列とコーシー列の違いを考察したのち, 実数直線やより一般にn次元ユークリッド空間の完備性について議論する.
  9. 開集合と閉集合: 距離空間における開集合と閉集合の基本的性質を証明する.
  10. 距離空間における連続写像: 距離空間における写像の連続を定義する. また連続写像の基本的性質を証明する.
  11. 位相空間の定義と例: 位相空間の定義をする. また距離空間との関係について学ぶ.
  12. 位相空間における連続写像: 位相空間における写像の連続を定義する. また連続写像の基本的性質を証明する.
  13. 連結集合と中間値の定理: 連結集合を定義したのち, 中間値の定理を証明する.
  14. コンパクト集合理: コンパクト集合の定義を行う. また実数直線においてコンパクト集合と有界閉集合が同一であることを証明する.
  15. まとめ: 本講義のまとめを行う.

教科書

鎌田正良/集合と位相 現代数学ゼミナール8 近代科学社

参考書

松坂和夫/集合・位相入門 岩波書店, 三村護・吉岡巖/位相数学入門 培風館

NDC

415

科目分類コード

4702205

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:      80 / 100
レポート:    / 100
小テスト(中間テストなど含む): / 100
小レポート(中間レポートなどを含む): / 100
作品:      / 100
ポートフォリオ: / 100
その他:

講義中に行う演習発表と質疑応答の内容を評価に加える(20)