ボランティア

授業科目区分


教養科目 社会科学系
選択 2単位 1年次 通年


教職課程選択/ 社会教育主事選択/

担当教員

侘美 俊輔、若原 幸範、米津 直希

履修に必要な予備知識や技能

社会人、子どもたちと関わることになるので、最低限の対人マナーや常識

履修条件

特になし

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし

学習教育の目標

ボランティア活動について、歴史的な観点からの考察をベースに現代の地域社会における意義を学び、それぞれが学校教育及び社会教育を中心とする施設での体験活動を通して社会貢献の一つの在り方を探る。

授業の簡単な概要

ボランティア活動の単なる把握に止まらず、教育委員会や社会福祉協議会など、ボランティアを地域活動の重要な取り組みとして組織している側についての理解を深める。授業は、稚内市教育委員会、稚内市社会福祉協議会などとの連携の下でボランティア活動を行う。学外での活動が含まれるため、社会人としての常識、マナー等については充分に配慮すること。派遣に際しては、面接を課す。なお、「授業外での活動」が大半を占める。

学習支援

授業内外での積極的な質問を受け付ける。

オフィスアワー

授業内で提示する。

学習内容

  1. ガイダンス(授業の全体構成、心構え、稚内北星学園大学の過去の事例など)
  2. ボランティア活動の歴史
  3. ボランティア体験(地域での活動)
  4. 地方自治体におけるボランティアの実態と注意事項(若原)
  5. 学校教育現場におけるボランティア活動の実態と注意事項(米津)
  6. スポーツ施設におけるボランティア活動の実態と注意事項(侘美)
  7. 各事業所における活動の内容(教育委員会・稚内少年自然の家、社会福祉協議会、稚内市体育協会などの担当者による説明と質疑応答の後、派遣先希望提出)
  8. 学外での諸活動について(米津・侘美・若原)
  9. 派遣先発表(諸手続き)
  10. 地域での活動
  11. 事後指導(1)グループワーク
  12. 事後指導(2)グループワーク
  13. 事後指導(3)個別プレゼン指導
  14. 報告会@
  15. 報告会A

期末試験やレポートなどの留意事項

教科書

毎回資料プリントを配布する。

参考書

田中雅文『ボランティア活動とおとなの学び』学文社、2011年

NDC

369

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:     
レポート:   30
作品:     
成果発表:   70
ポートフォリオ:
その他:

事前・事後指導への取り組み方、事業所の評価、レポート課題、報告会の4点で評価する。その他出席を前提とした受講態度、講義への参加態度のほかに、事業所の評価、レポート課題の水準、報告会でのパフォーマンスなどを踏まえた総合評価となる。

上記割合以外に注意すべき事項: