MENU

お問い合わせ

  • 稚内北星学園大学
  • 097-0013
  • 北海道稚内市若葉台1-2290-28
  • TEL : 0162-32-7511
  • フリーダイヤル : 0120-311014
  • FAX : 0162-32-7500
  • MAIL : info@wakhok. ac.jp

資料請求はこちら


  • まちなかメディアラボ
  • 097-0022
  • 北海道稚内市中央3丁目9-12
  • TEL : 0162-22-6565
  • FAX : 0162-73-0973
  • MAIL : machilabo@wakhok.ac.jp

第3回COC地域活動報告会を開催しました

2015年10月27日

 10月20日(火)14時30分より、新館1301教室において、3回目となる地域活動報告会を開催しました。学生、教職員、地域の方を含め、約100名の来場がありました。

 今回は、本年度上半期に学生が中心となって取り組んだ地域活動の中から4つの事例について口頭発表を行いました。また、平成27年度地域志向教育研究経費採択課題ほかについてのポスター発表も行いました。


「インタラクティブ・デザインとメディア・アートの世界」特別講演を開催しました。

2015年10月16日

 10月10日(土)、COC事業の一環で「インタラクティブ・デザインとメディア・アートの世界」特別講演を開催しました。

 オーストリアのリンツで開催の芸術・先端技術・文化の祭典で、メディアアートに関する世界的なイベント「アルス・エレクトロニカ」で受賞歴があり、この分野で国際的に活躍をしている真下武久(ましも たけひさ)氏を招聘し、鉛筆の線、水蒸気、石が入力装置となるインタラクティブ・メディアアート作品の解説やこれまでの実績を報告していただき、テクノロジーとアートが調和して魅力のある表現となることをお話しいただきました。

 学生は、身近なスマートフォンやタブレットPCの触れる操作がインタラクティブメディアアート研究の実用化だと言うことに関心を示しました。

 また、9月に行われたアルス・エレクトロニカフェスティバル「ポスト・シティ」の視察報告にてメディア芸術の持つ創造性が地域振興や観光産業振興等にどのように役立つかについて現地の情報を交えてお話しいただき、学生が地域社会と協働し未来の都市像を創造していく必要性を学びました。



商店街の魅力を発信する動画制作、現在の進捗状況をお知らせします

2015年10月02日

 現在、本学では今年4月に本格稼働した「まちラボ」を拠点とし、中央商店街活性化を目的として「学生として何ができるのか」という視点で様々な活動を計画しており、その1つとして、「商店街の魅力を発信するための動画づくり」を行っています。

 この取り組みは、一年間を通して行われ、学生が選定した各店舗の商店主の方にインタビュー及び各種イベント、日常的な店舗の様子を撮影しながら作品を制作しています。

 2015年9月、「第2弾 喫茶くるみ」が完成しました。

--------------------------------------------


第1弾 ペットショップカナリヤ(7月完成)


第2弾 喫茶くるみ(9月完成)

--------------------------------------------

今後の予定
・大王
・ノーザンノース

前回の記事はこちらから確認できます。

第1弾 ペットショップカナリヤ編



Copyright © Wakkanai Hokusei Gakuen University. All rights reserved.