MENU

お問い合わせ

  • 稚内北星学園大学
  • 097-0013
  • 北海道稚内市若葉台1-2290-28
  • TEL : 0162-32-7511
  • フリーダイヤル : 0120-311014
  • FAX : 0162-32-7500
  • MAIL : info@wakhok. ac.jp

HOT NEWS

HOT NEWS:映像コンテスト受賞のお知らせ

2019年07月05日

 稚内市教育委員会から委託されて学生制作した映像作品、ここで降りたがために、今がある。〜昭和の大横綱大鵬の物語〜が北海道映像コンテスト2019において、学生部門最優秀賞&北海道総合通信局長賞を受賞しました。

 映像作品は、稚内市樺太記念館でのみの上映のため、どのような作品なのか少しだけ書いておきますので、機会がありましたら、記念館までどうぞ足をお運びください。

あらすじ
 昭和を代表する横綱「大鵬」は、生前、稚内市を幾度となく訪れ、海を隔てたサハリンを眺めていました。実は大鵬は旧樺太に生まれ、引揚者として北海道へ移り住んだ経歴があるのです。そして、大鵬は『ここで降りたがために、今がある。』と、何度も関係者に話していたといいます。終戦直後、樺太からの引揚時に起きた悲しい事件を紐解きながら、大鵬の言葉の意味を探っていきます。

北海道映像コンテスト2019 http://www.eolas.co.jp/hokkaido/hokueiren/info.htm


▲ このページのTOP

HOT NEWS:第20回入学式を行いました

2019年04月02日

 4月1日(月)、稚内北星学園大学第20回入学式が執り行われました。入学生に保護者の皆さま、工藤広稚内市長を始めとした御来賓、在学生など多くの方々の出席のもと、パイプオルガンの流麗な調べにのり、式は始まりました。

 最初に、入学生が、一人ひとり名前を呼ばれ起立し、斉藤吉広学長から入学許可を受けました。
 学長式辞のあと、工藤広稚内市長から祝辞をいただき、入学生の言葉では、代表の鹿内祐斗さんから「私たちは、目標を達成しようとする強い意志や仲間たちと協力しながら困難を克服し、卒業するまで悔いのない大学生活を送っていきたい」と決意が述べられました。最後に在学生代表の石尾美岬さんから歓迎の言葉が述べられ、式は終了しました。


▲ このページのTOP

HOT NEWS:第18回卒業証書・学位記授与式を行いました

2019年03月16日

 春の兆しをかすかに感じる中、3月16日(土)、第18回稚内北星学園大学卒業証書・学位記授与式が行われました。卒業生たちは、多くの来賓の方々や父母の方々、教職員、在学生たちに見守られながら旅立っていきました。

 パイプオルガンの壮麗な調べとともに式は開始され、斉藤学長より、壇上に上がった卒業生に一人ひとりに、卒業証書が授与されました。

 続いて教員免許状、司書修了証書等の授与が行われたほか、最優秀賞、学長賞の表彰が行われ、それぞれに会場からは大きな拍手が沸き起こりました。

 学長式辞、稚内市長祝辞、在学生からの送辞のあと、卒業生代表の勝又万由子さんからの答辞では、「4年前、生まれ育った地である稚内に恩返しができるよう地方公務員になりたい、という目標をもって本学に入学しました。在学中は様々な活動を通して、問題を解決するプロセスを通し、経験が一つずつ積み重なり、自分自身の成長に繋がりました。卒業後、困難や迷いがあるかもしれませんが、在学中に出会った人、学び、経験を思い起こし、逆境を乗り越えて社会で活躍したい」と感謝と決意の言葉が述べられました。


▲ このページのTOP

HOT NEWS:わっかないコーヒーフェスティバル実行委員会から寄付をいただきました

2019年03月14日

 3月13日(水)、わっかないコーヒーフェスティバル実行委員会から、学校法人稚内北星学園に対し、寄付をいただきました。いただいた寄付金は、今後、新しいことをチャレンジすることに使用していきます。


▲ このページのTOP

HOT NEWS:本学学生が制作したドキュメンタリー「地域医療は、地域が守る。」が『TVFジャーナリズム賞(旧称:筑紫哲也賞)』を受賞

2019年02月22日

 東京都で開催された東京ビデオフェスティバルにて、本学が制作したドキュメンタリー「地域医療は、地域が守る。」が『TVFジャーナリズム賞(旧称:筑紫哲也賞)』を受賞しました。
 東京ビデオフェスティバルは、1978年から始まった“市民による市民のための映像祭”であり、今年で41年目を迎えた歴史ある映像祭です。年齢や性別、プロやアマなど無関係に映像文化の継承などを目的に開催されていた国際的なビデオフェスティバルです。

 『TVFジャーナリズム賞(旧称:筑紫哲也賞)』は、日本を代表するニュースキャスター、ジャーナリストとして広くご活躍された故・筑紫哲也さん(2008年11月7日ご逝去)のご遺族の方々が、応募された中から市民目線によるジャーナリズム作品を選定し与えられる賞で、2011年に新設されました。
 現在は、受賞作品の中から、同賞の専任審査委員(筑紫さんのご遺族含む)により、ジャーナリスティックな視点に特に優れた報道系作品が選ばれています。本作品に対し、審査委員の皆さんは「地域にこだわり抜いて、国全体の問題をあぶりだした。」「問題提起に終わらず、一つの解決策を示した。」と選評を述べられました。

 学生たちにとっても良い励みになったかと思います。改めてご協力いただきました皆様に感謝申し上げます。

「東京ビデオフェスティバル2012」 http://tvf2010.org/

「地域医療は、地域が守る。」YouTube https://www.youtube.com/watch?v=c3zL6R0


▲ このページのTOP

HOT NEWS:大学ニュース No.28 を発行しました

2019年02月08日



 稚内市が発行している「広報わっかない」2月号(2月8日発行)に差し込みで大学ニュースNo.28を発行しました。

 今号では、11月に横浜で行われた「ETロボコンチャンピオンシップ大会」最優秀賞の特集のほか、3月9日に開催するオープンキャンパスの特集などを掲載しています。

 過去の大学ニュースはデジタルパンジレットのページからご覧いただけます。


▲ このページのTOP

HOT NEWS:ETロボコン2018 ガレッジニア部門で「最優秀賞」

2018年11月16日

 11月14日(水)、パシフィコ横浜で開催された「ETロボコン2018チャンピオンシップ大会」において、ガレッジニア部門(コンピューター技術を用いている発明品やアイディア品を発表するコンテスト部門)で、「ガレッジニア部門最優秀賞」「一般審査員最高得点賞」「IPA賞」の3賞を受賞しました。
 ガレッジニア部門の賞はその3賞ですので、すべての賞を受賞したことになります。

 当日の大会の様子はyoutubeでご覧頂けます。

(動画は大会の全体となっています。ガレッジニア部門の開始は動画の4時間30分頃から、本学の発表5時間20分から5時間38分までになります。なお表彰式は、6時間11分からです。)


▲ このページのTOP

Copyright © Wakkanai Hokusei Gakuen University. All rights reserved.