MENU

お問い合わせ

  • 稚内北星学園大学
  • 097-0013
  • 北海道稚内市若葉台1-2290-28
  • TEL : 0162-32-7511
  • フリーダイヤル : 0120-311014
  • FAX : 0162-32-7500
  • MAIL : info@wakhok. ac.jp

資料請求はこちら


  • まちなかメディアラボ
  • 097-0022
  • 北海道稚内市中央3丁目9-12
  • TEL : 0162-22-6565
  • FAX : 0162-73-0973
  • MAIL : machilabo@wakhok.ac.jp

HOT NEWS

HOT NEWS:エゾカンゾウの咲くまちへ 4話公開

2017年01月20日

本学学生が(株)川島旅館と協働し、制作したドラマの4話目を公開しました。
サロベツ湿原の広大さ、海岸から見える夕日の神秘さをごらんください。



▲ このページのTOP

HOT NEWS:20歳の門出を祝福

2017年01月10日

 1月8日(日)、稚内総合文化センターで、「平成29年稚内市成人式典」が行われ、新成人の門出を祝福しました。

 式典では、本学の学生が成人代表として「交通安全宣言唱和」を行いました。


▲ このページのTOP

HOT NEWS:北海道新聞「ひと2016」で学生が紹介されました

2016年12月26日

12月25日付北海道新聞朝刊にて、4年生の坂川秀代さんが紹介されました。

記事内で紹介されているドキュメンタリー作品「私たちは、【カラフト】を知らない。」は以下からご覧になれます。

また、同映像は全国最大のケーブルテレビネットワークであるJ:comで放送されます。

放送日 1月9日 17時00分から、2月8日 18時00分から


▲ このページのTOP

HOT NEWS:学生制作「豊富町PRドラマ」第3話を公開!& 学生の声を紹介

2016年12月16日

 10月から来年2月まで、毎月1話ずつ公開される豊富町PRドラマ「エゾカンゾウの咲くまちへ」の第3話を公開しました。
今回は学生たちの演技だけでなく、ドローンによる上空からの豊富町の広大かつ雄大な景色もぜひご注目ください。 
 そして、前日行われた学内向けの上映会での伊藤君(監督)のコメントもどうぞ。


▲ このページのTOP

HOT NEWS:学生制作の「樺太ドキュメンタリー」が、文部科学大臣賞を受賞しました

2016年11月18日


本学4年の濱田里実さんが授賞式に参加(右から4人目)

 11月17日に千葉市美浜区の東京ベイ幕張ホールで開催された「全映協グランプリ2016」で、本学学生が制作した樺太ドキュメンタリー「私たちは、【カラフト】を知らない。」が、学生部門の最優秀賞である「文部科学大臣賞」を受賞しました(学生部門において「文部科学大臣賞=最優秀賞」は本学のみに授与されました)。

 受賞した「私たちは、【カラフト】を知らない。」は、昨年度制作したもので、戦後70年、戦争を知らない学生が、樺太からの引き揚げ者に話を聞く過程の中で、樺太や戦争について学んだり、サハリンで日本時代の痕跡を探すなどの過程を通し、心境が変わっていく学生の姿を一連の活動をロードムービー風にまとめたものです。

 また、同作品は8月28日に大阪市阿倍野区で開催された「阿倍野ヒューマンドキュメンタリー映画祭」のコンテストにて、最優秀賞を受賞しております。


▲ このページのTOP

HOT NEWS:学生制作「豊富町PRドラマ」第2話を公開!

2016年11月11日

 10月から来年2月まで、毎月1話ずつ公開される豊富町PRドラマ「エゾカンゾウの咲くまちへ」の第2話を公開しました。
 今回は学生だけでなく、本学の斉藤 吉広学長も友情出演しております。ぜひご覧ください。


▲ このページのTOP

HOT NEWS:豊富町PRドラマ第1話を公開&メディアに掲載されました

2016年10月25日

 2015年度から2016年度にかけて、本学では株式会社川島旅館と連携事業を行っております。

 この事業は川島旅館を含む豊富温泉並びに豊富町をPRする映像を学生が制作することで、その魅力を一般の方にもわかりやすく伝えることを目的としています。

 この度、全5話からなる豊富町PRドラマ「エゾカンゾウの咲くまちへ」の第1話並びに、公式サイトが公開されました。これから来年2月までの毎月中旬に、続編が順次公開されていきます。2話以降にもご注目ください。

<エゾカンゾウの咲く町へ公式サイト> http://movie.kawashimaryokan.co.jp/

 なお、この活動について、新聞報道等の取材を受け、その記事が掲載されました。学生たちにもいい刺激になりました。取り上げていただき感謝いたします。


▲ このページのTOP

Copyright © Wakkanai Hokusei Gakuen University. All rights reserved.