稚内北星学園大学

稚内北星学園大学は、キャリア・デザインという考え方を重視しています。
キャリア・デザインとは、自分の将来をどのように設計していくのかを考えることです。それは、自分に合った仕事に就き、その仕事を通じてさまざまな経験を積み、日々成長をとげていくこと、自分の人生をプロデュースすることです。
本学のキャリア支援とは、学生が自らの将来について真剣に考え、人生の設計図を描けるようになるところへと導いていくことです。

カリキュラム上でのキャリア支援(1)

稚内北星学園大学のカリキュラムは、今や全ての職場で必須となっているITの技量が無理なく身につくところに特徴があります。もちろん、IT関連の企業に入社後、専門技術者として即戦力になるほどのレベルに到達することもできますが、IT分野は程々にして、他の分野を重点的に学んだ学生でさえも、一般企業であれば、ITに関する高度な専門知識を有する人材として評価されるのです。本学の教育内容自体が、最大のキャリア支援と言えるでしょう。

カリキュラム上でのキャリア支援(2)

また、本学には、「キャリア・デザインA・B・C」という科目があります。この講義の最大の特徴は、キャリアデザインの第一関門である職業選択から就職に至るまでの歩みに沿って必要な知識を身につけ、社会的スキルを養い、それらを実践に結びつける作業をリアルタイムで支援するところにあります。
教養分野を強化したい学生に対しては、公務員・教員の一般教養はもちろん、民間企業の採用試験をも視野に入れた「総合教養I・II」があります。
また「インターンシップ」では、学生が自らの専攻や将来のキャリアに関連した分野の企業などで実際に仕事をし、就職に対する意識を高めます。
そのほか、教員採用試験対策講座を開講するなど、学生を希望の職場に送り出すための取り組みを幅広く行っています。

「キャリア・デザインA・B・C」講義内容

○働くとは何かを考える
○職業選択について考える
○公務員の仕事とは
○企業研究講座
○コミュニケーション能力とは
○敬語を身につけよう
○就職活動のスケジュール
○就職講座「今、企業が求めている人材とは」
○OB・OGによる業界説明
○採用試験の種類(一般常識テスト、職務適正テストを体験)
○自己分析でまず自分を知る

○新聞・参考書の活用講座
○ビジネスマナー講座
○エントリーシート対策講座
○人事担当者が教える就職活動に勝つコツ
○会社情報の収集の仕方講座
○4年生による就職活動体験講座
○業界別近年の動向
○履歴書の書き方講座
○礼状の書き方講座
○面接試験対策講座
○自己表現実践講座

担当教授陣によるキャリア支援

キャリア支援科目を担当する教員は、いずれも豊かな社会経験を有しており、その実践的な指導には定評があります。しかしながら、より専門性が求められる分野については、企業の人事担当者、あるいは経営者などを講師としてお招きし、最新の実際的な情報に触れる機会を設けています。
本学のキャリア支援は、基本的にはゼミナールや総合研究の指導教員が行いますが、それとは別に「キャリア・デザイン」担当教員によるきめ細やかな個別キャリア相談体制も特徴です。

企業説明会によるキャリア支援

こうした支援に加えて、稚内北星学園大学では、本学の学生だけを対象に行う企業説明会を毎年複数回行っています。この説明会は、本学におけるキャリア支援の集大成の一つと言えるものであり、本学学生の採用を特に希望する多数の企業が、東京や札幌で行う企業説明会の前に本学に赴いて行うものです。学生にとっては、交通費等の心配をせずに意中の企業と接し、日頃の成果を発揮する最大のチャンスです。
また、本学において個別に説明会や採用試験を行う企業もあり、こうした説明会などを通して就職を決める学生もいます。
このような多方面からのキャリア支援によって、卒業生達は就職したそれぞれの企業で活躍しています。

その他のキャリア支援

就職活動支援(3・4年生対象)

求人情報の提供・開示、履歴書・エントリーシートの添削、模擬面接などを行っています。

キャリア支援ガイダンス・キャリア支援講座(全学年対象)

就職環境の展望など、学生に役立つタイムリーな情報を提供します。また、企業の代表者や採用担当者などをお招きし、企業の求める人材像などの講座を開催しています。

一般常識テスト、教員・公務員模擬試験、SPI2模擬試験の開催(全学年対象)

各就職先で行われる採用試験の模擬試験を実施します。

資格取得奨励制度・資格取得報奨制度(全学年対象)

「資格取得奨励制度」は、在学中に本学の指定する資格試験を受験する学生に受験料を補助する制度です。
また、「資格取得報奨制度」は、本学指定する資格試験の指定階級に合格した場合、報奨金を支給する制度です。(資格の難易度に応じて、受験料半額相当~5万円)
いずれの制度も本学父母会と連携して行っており、資格勉強のための参考書購入・勉強時間の確保を援助する目的で制度が設けられています。

対象科目(一部):
ITパスポート試験/基本情報技術者試験/応用情報技術者試験/実用数学技能検定(準2級~)/実用英語技能検定(準2級~)/TOEIC/Webクリエイター能力認定試験/フォトマスター検定/秘書検定(3級~)/ビジネス文書検定(3級~)/eco検定 など