HTML とページ作成ソフトの関係

HTMLとは何か?

 HTML とは Hyper Text Markup Language の略です。

 これは普通の文章(「テキスト」と言います)に命令(「タグ」)を組み込むことで、ブラウザー(みなさんは「Netscape 6」を使用。この他にも「Microsoft Internet Explorer」などがあることは学んだと思います)に静止画・動画・音声など文字以外の情報もあらわすことのできる言語です。

 「言語」と聞いて、ちょっと尻込みする方もいると思いますが、それほど難しくはありません。「普通の文章とは違うよ」というところにマークをおくように命令(タグ)を書き込んでいくだけです (もちろん、タグをつけていなければ普通の文章として画面表示されます)。


HTML を自動的に生成してくれる ページ作成ソフト

 ただ、いくら簡単だとは言ってもワープロを打つように気軽に HTML を使用できるわけではありません。一例を挙げると「見出し文字として大きな文字」を出力する場合、HTML では、「<H1>これは見出しです</H1>」というタグを文章中に埋め込まなければいけません。これを実際に見てみるとこうなります。

これは見出しです

 このほかにもセンタリング(中央揃え)したりというようなことを行っていくと地の文章を入力する以外の労力が結構かかるわけです。

 そこでNetscapeに付属の Netscape Composer などの「ページ作成機能」を持ったソフトを用いて、より簡単にホームページづくりをすることで内容の方に力を入れることが可能となります。

「ページ作成機能」を持ったソフトには、無料で使えるNetscape ComposerやFrontPage Express(これらはWWWブラウザーに付属しています。) から有料のものまで様々なものが出ています。

 ただ、Netscpae Composer も最終的には HTML 形式に変換されてから保存されますし、どうしても Netscape Composer では表現できないような細かいところを HTML で直に記述すればうまくいくという場合もあります。ですから、HTML を覚えておくことも決して損ではないのでページづくりに慣れてきたら HTML 文章を自分で記述してみるのもよいでしょう。