稚内北星学園大学

生涯学習

COC事業終了後の2019年度の予定

地域連携を引き続き積極的に行っていく。

  • 市内・管内の小中学生への学習支援活動の継続(学生主体)
  • 市民講座の継続
  • 信金フェスへの参加の要請があるので、それら地域行事への参加(学生も含めて)
  • 学生ボランティア活動の継続(科目内でマッチングを行う)
  • 「稚内市IoT推進ラボ」や「宗谷地域研究所」などの活動を通して、大学教員の研究成果を活かすとともに、学生も参加することによって学生の質的向上をはかる
  • 稚内高校・稚内大谷高校との3校連携協定を核とした活動の具体化を両高校と検討する(実務的には佐賀と両高校教頭の会議で計画する)
  • 稚内市や宗谷総合振興局など自治体との連携協定を基づいた取り組み(職員初任者研修への講師派遣や、学生のインターンシップなど)を継続する。

地域での取り組み

大盛況!コーヒーフェスティバル2017 (2017年2月)

2月11日(土)、稚内北星学園大学まちラボを拠点として開催した「わっかないコーヒーフェスティバル2017」が行われました。
稚内は日本のコーヒーの歴史に関係するとともに、たくさんの喫茶店が存在していることから、多くの皆さんに喫茶店でコーヒーを飲んでいただくための、きっかけずくりのために開催したものです。また、本学学生も、まちラボにて特設ブースを設け、学生オリジナルブランドコーヒーを販売しました。
今回は30店舗の喫茶店にご協力いただき、昨年よりも150名多い、550名が参加されました。イベントにご協力いただきありがとうございました。

街中をサンタでいっぱいに (2016年12月)

12月18日(土)、本学の1年生達が中心となって企画した「Santa Run in Wakkanai 2016」が行われました。
このイベントには、市民の皆さん131人にご参加いただき、稚内市中央にあるキタカラを拠点にアーケード街や中央地区をサンタの恰好で歩きました。
学生たちからは、早くも来年もまたやりたいとの声が出ており、今後、冬のイベントの1つに定着できればと思っております。
参加いただいた市民の方々をはじめ協賛いただいた企業や個人の方達に感謝申し上げます。

株式会社川島旅館との『民学連携』による映像制作(2016年7月)

本年度、本学では株式会社川島旅館と連携事業を行っております。この事業は川島旅館を含む豊富温泉並びに豊富町をPRできるムービーを学生が制作することで、その魅力を一般の方にもわかりやすく伝えることを目的としています。

学生が制作しているのは、豊富町を舞台としたドラマ「エゾカンゾウの咲くまちへ」。
ドラマ特設ページ:

 http://kawashimaryokan.co.jp/special-movie

学生はもちろんのこと、川島旅館のみなさんや地域住民の方々に登場していただいており、現在は、豊富町の観光スポットや主要施設等で撮影を行っている最中です。学生の日々の撮影の模様などをtwitterなどで投稿しています。
ドラマtwitter:

 https://twitter.com/ezokanzow

ドラマfacebook:

 https://www.facebook.com/ezokanzow/

なお、本事業は経済産業省「地域産業資源活用事業計画」に採択された「豊富温泉を中核とした食と美容をテーマとする滞在型観光事業(事業者名:(株)川島旅館)」に関わるものです。
このような機会を与えていただきました株式会社川島旅館の皆さま、並びに豊富町の皆さまに感謝申し上げます。
川島旅館ホームページ:

 http://kawashimaryokan.co.jp/