稚内北星学園大学
Javaってなに?

TOPページへ

WAKHOK Newsletter

連載最新号


安藤友晴
情報メディア学部講師。担当科目:データベース論、ソフトウェア特論など。

J2EEとその関連分野に関心を持つ。

Javaプログラミングの講義を担当。学生にはプログラミングの楽しさを伝えたいと思っている。







過去の連載
最新号

第1回
第2回
第3回
第4回
第5回
第6回
第7回


稚内北星学園大学
〒097-0013
北海道稚内市若葉台2290番28
Tel:0162-32-7511
Fax:0162-32-7500
フリーダイアル :
0120-311014
E-mail : www-admin@wakhok.ac.jp
      第8回 Java Festa in SAPPORO 2004 報告       

11月26日(金)、札幌市の札幌コンベンションセンターで、「Java Festa in SAPPORO 2004」が開催されました。

札幌で開催されるはじめての大規模なJavaイベントです。「なぜ札幌で?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。 札幌市はもともとIT、なかでもJavaに熱心な街で、2001年と2002年には、高度なスキルを持ったJava技術者を「札幌市ITマスター」に認定しています。 この「ITマスター」の方々は札幌を拠点に各方面で活躍中です。 今回の「Java Festa in SAPPORO 2004」では、「ITマスター」の方々が企画・運営に携わりました。

豪華な講師陣。これがこのイベントのウリです。 午前中の基調講演には、Javaの開発元であるアメリカの Sun Microsystems 社でServlet という技術の開発リーダー (Spec Lead) を務めた吉田豊氏や、 サン・マイクロシステムズ 株式会社の Java Technical Evangelist の石原直樹氏、 本学学長の丸山不二夫が登場しました。 午後の講演にも、Javaの世界で名の知れ渡った方々による講演が目白押しです。

筆者も講師の一人として、このイベントに参加しました。 お題は「今ならまだ間に合う!覚えようJSF」というものです。 JSFは、Javaを使ったWebアプリケーションを簡単に作ることができる技術です。 講演では、 Webアプリケーションの制作者にとってのJSFのポイントについて解説しました。 またJSFは、現在JavaでWebアプリケーションを作るときによく使われているStruts という技術によく似た部分を持っています。 この Struts と JSFとの比較についても解説しました。 講演では途中で時間が足りなくなり、冷汗をかきましたが、聴衆の方に伝えたいことは何とか伝えきれた、と思っています。

イベント当日は、500人を超える参加者が会場に集まり、 札幌でのJavaに対する関心の高さがうかがえました。 筆者も他の方の講演をとても興味深く聴くことができました。 筆者のゼミ(丸山・安藤ゼミナール)の学生も講演を聴いていましたが、彼らにとっても意義のある一日だったようです。 後から参加者アンケートの調査結果を見ても、参加者の食いつきは上々でした。 このような素晴らしいイベントになったのも、企画・運営の「ITマスター」の方々の尽力の賜物です。 いろいろお疲れさまでした!

●関連リンク

・Java Festa in SAPPORO 2004
< http://www.javafesta.jp/ >
講演で使われたプレゼン資料のダウンロードもできます。

・JSFによるWebアプリケーション開発
< http://www.wakhok.ac.jp/~tomoharu/jsf2004/ >
「2004年度 サマースクール in 稚内」で筆者が担当した講座のテキスト。 JSFに興味のある方はどうぞ。


Copyright (C) 2004 Wakkanai Hokusei Gakuen College. All rights reserved.