浅海 弘保
あさみ ひろやす

■ 最終学歴 学位

東京大学大学院 理学系研究科 博士課程修了(1997)  博士(理学)


■ 職歴

上智大学理工学部電気電子工学科 非常勤講師(1997-2004)
法政大学夏季特別講座 非常勤講師(1997)
東京大学附属原子核科学研究センター 研究機関研究員(1997-1999)
高エネルギー加速器研究機構 協力研究員(1999-2004)
明治薬科大学 非常勤講師(1999)
東京家政大学環境情報学科嘱託(2000-2004)
東京家政大学CPSセンター嘱託(2002-2004)
東京家政大学 非常勤講師(2004)
稚内北星学園大学情報メディア学部 専任講師(2004-2006)
同 准教授(2006-2014)
同 教授(2014-)


■ 専攻分野

素粒子・原子核物理学 情報科学


■ 研究テーマのキーワード

組み込み OS Linux ネットワークセキュリティ


■ 研究課題(プロジェクト)

相対論的クォーク3体問題の研究
組み込みLinuxのデバイスドライバ開発についての研究 セキュリティフォレンジックスに関する研究
JSPS 15K12802 平成27-29年度 挑戦的萌芽研究 「自然保護地域におけるICTを活用したスマートツーリズムと実践型観光学教育」


■ 研究業績

 - 学術論文
1. Static properties of the nucleon in the Faddeev approach based on the Nambu-Jona-Lasinio model, Hiroyasu Asami, Noriyoshi Ishii, Wolfgang Bentz, Koichi Yazaki, Physical Review C51 (American Physical Society) ,1995
2. 3 Quark Faddeev Equation in the Nambu-Jona-Lasinio Model", Noriyoshi Ishii, Hiroyasu Asami, Wolfgang Bentz, Koichi Yazaki, Physical Review C51 (American Physical Society), Progress of Theoretica Physics Supplement (Yukawa Institute for Theoretical Physics), 1995
3. Faddeev Approach to the Nucleon in the in the NJL model, Noriyoshi Ishii, Hiroyasu Asami, Wolfgang Bentz, Koichi Yazaki, Australian Journal of Physics, 1995
4. Faddeev approach to the baryons in the NJL model, Noriyoshi Ishii, Hiroyasu Asami, Wolfgang Bentz, Koichi Yazaki, PANIC96 Proceedings (World Scientific Publishing), 1997
5. The nucleon as a solution of the relativistic three-quark Faddeev equation in the NJL model, Noriyoshi Ishii, Hiroyasu Asami, Wolfgang Bentz, Koichi Yazaki, Soryushiron-kenkyu vol.95 No.4 (Recent Developments in QCD and Hadron Physics),1997
6. Description of baryons in the relativistic Faddeev approach to the NJL model,Bentz, Noriyoshi Ishii, Hiroyasu Asami, Koichi Yazaki, Nuclear Physics A631 (Recent Developments in QCD and Hadron Physics), 1998
7. NJL模型における核子の性的性質についての考察, 浅海弘保, 『素粒子論研究』89巻6号F, 1994
8. 相対論的Faddeev方程式の解としての核子の電磁的性質, 浅海弘保, 『原子核研究』 vol.42 No. 2 (核物理懇談会),1997
9. Static Properties of the Nucleon in the Nambu-Jona Lasinio Model, Hiroyasu Asami, Master thesis University of Tokyo, 1994
10. Electromagnetic Properties of the Nucleon as a Solution of the Relativistic Faddeev Equation, Doctor thesis University of Tokyo, 1997
11. Electromagnetic Properties of the Nucleon as a Solution of the Relativistic Faddeev Equation, Hiroyasu Asasmi, CNS Report (Center for Nuclear Study, the University of TOKYO), 1999
12. ”MaharaとMoodleの一つの連携の 仕方, 松木孝幸,倉 みゆき,浅海弘保,濱 慎一,ADCEE,Maharaオープンフォーラム2012 講演論文集, p.32,2012年
13. 成績転送システムの開発: Mahoodleの利用, 松木孝幸, 橋本直樹, 平井千津子, 倉みゆき, 浅海弘保, 濱 愼一, JeLA会誌, p.90-p.95, 2014年7月
14. Regional Revival through IoT Enabled Smart Tourism Process Framework (STPF), Bishnu Prasasd Gautam, Hiroyasu ASAMI, Amit Batajoo and Tatsuya Fujisaki, Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 2016 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS-ISIS 2016), 2016
15. Cost Effective Accomodation Planning in a Trip by Using Accomodation Advisor Query(AA-Query) in STPF, Bisunu Prasad Gautam, Amit Batajoo, Hiroyasu ASAMI, International Conference on Networking and Network Applications (NaNA 2017) , 2017
16. Data Collection on the Fly through Web Scraping Technique in STPF (Smart Tourism Process Framework), Bishnu Prasad GAUTAM, Hiroyasu ASAMI, et. al., TMBER Proceeding, 2018 TMBER Conference on “TRENDS IN MULTIDISCIPLINARY BUSINESS & ECONOMIC RESEARCH” (TMBER 2018) March 23-24, 2018 Sydney, Australia, Volume 5, Pages 96-102.

 - 紀要
17. 遊休PCの遠隔からの有効活用, 松木孝幸,山口朋子,浅海弘保: 東京家政大学研究紀要 第45集(2) 67p-71p, 2005年2月
18. Emulation and Performance Analysis of Dhital-Kaski CWN Networks, Suresh SHRESTHA, Bishnu Prasad GAUTAM, Hiroyasu ASAMI,Takahiro SAGA and Dambar PUN, 稚内北星学園大学紀要, No.15, p. 61-94 < br />

 - その他
(poster session)
19. Three Body Equation of the Nucleon in the NJL model, Noriyoshi ISHII, Hiroyasu ASAMI, Wolfgang Bentz, Koichi Yazaki, 14th International Conference on Few Body Problems in Physics (FEW BODY XIV) (International School of Nuclear Physics Virginia, USA),1994
(proceedings)
20. Static Properties of the Nucleon in the NJL model, Wolfgang Bentz, Hiroyasu Asami, Noriyoshi Ishii, Koichi Yazaki, 17th course : Quarks in Hadrons and Nuclei, Erice-Sicily, Italy, 1995
(口頭発表)
21. NJL模型における核子の電磁的性質,日本物理学会秋の分科会 (高知大学、高知市), 1993年10月
22. NJL模型における核子の静的性質, 基研短期研究会「クォーク・グルーオンのダイナミクス」(京都大学基礎物理学研究所、京都市),1993年12月
23. NJL模型における核子の静的性質, 日本物理学会第49回年会(福岡工業大学、福岡市), 1994年3月
24. NJL模型における核子の磁気能率I, 日本物理学会秋の分科会(山形大学、山形市), 1994年10月
25. NJL模型における核子の磁気能率II, 日本物理学会第50回年会(神奈川大学、横浜市), 1995年3月
26. 相対論的クォーク3体系の荷電半径, 日本物理学会第51回年会(金沢大学、金沢市), 1996年3月
27. 相対論的クォーク3体系の荷電半径II, 日本物理学会秋の分科会(佐賀大学、佐賀市), 1996年10月
28. 核子軸性ダイクォークチャンネルによる補正, 日本物理学会第52回年会(名城大学、名古屋市), 1997年3月
(テキスト)
29. サマースクール2005 システム管理入門コース テキスト,藤木文彦、浅海弘保、坂本寛、佐賀孝博, 3章,4章, 2005年8月
30. サマースクール2007 組み込みLinuxのデバイスドライバ開発 テキスト,門間譲司, 浅海弘保, 2,4,6章、演習, 2007年8月
(報告書)
31. 稚内市スマートコミュニティ実現に向けた実証研究, 『稚内市スマートコミュニティ 実証研究業務報告書』(稚内市役所), 2013年3月

■ 担当講義

線形代数I,II,応用代数学,C言語I,II,システム管理論,システム管理論演習,Unix I,II,基礎ゼミ,プレゼミ(平日ゼミ),総合研究, 卒業研究, ネットワーク基礎,Linux基礎,OS特論,ネットワーク管理論I,ネットワーク管理論II,IPv6ネットワーク論,SNMPネットワーク管理論, ,情報システム概論, 情報システム実習, 総合教養I,II,III(オムニバス), 地域文化論(オムニバス), ソフトウェア開発演習, 自然科学I,II, 留学生の授業(システム入門,ネットワーク基礎),情報システム入門I,ゼミナールI-VI(以下,他大学) 物理学実験,数学演習I,II(線形代数,微分積分),卒業研究,ネットワーク演習,情報システム演習,アルゴリズム,パソコン応用I,II, データ解析演習, メディア表現演習, プログラミング演習, データベース演習

■ 学外活動

 - 所属学会
日本物理学会, 日本科学者会議,Linux Foundation member indivisual

 - その他
(1) アキバテクノクラブ成果報告補助2007年,2008年,2009年
(2) OSDLシンポジウム(2006年6月)
(3) 改組後Linux Foundation Japan シンポジウム(2007年11月,2008年7月,2008年11月)


■ 共同研究などの希望テーマ

  自律分散システム(ADS)の開発,量子暗号認証システムの開発

▲ このページのTOP

MENU

お問い合わせ

  • 稚内北星学園大学
  • 097-0013
  • 北海道稚内市若葉台1-2290-28
  • TEL : 0162-32-7511
  • フリーダイヤル : 0120-311014
  • FAX : 0162-32-7500
  • MAIL : info@wakhok. ac.jp


  • まちなかメディアラボ
  • 097-0022
  • 北海道稚内市中央3丁目9-12
  • TEL : 0162-22-6565
  • FAX : 0162-73-0973
  • MAIL : machilabo@wakhok.ac.jp

Copyright © Wakkanai Hokusei Gakuen University. All rights reserved.