藤崎 達也
ふじさき たつや

■ 最終学歴 学位

明治大商学部商学科


■ 職歴

特定非営利活動法人知床ナチュラリスト協会設立(1998年-)
同協会代表理事 (1998年−2012年)
特定非営利活動法人北海道アウトドア協会設立(2001年-)
同協会理事(2001年−2009年)
企業組合法人アドベンチャーバケーションネットワーク設立(2002年-)
同法人監事(2002年−現在)
稚内北星学園大学 情報メディア学部 講師(2013年-現在)


■ 専攻分野

観光学


■ 研究テーマのキーワード

観光 エコツーリズム まちづくり 起業


■ 研究業績

 - 著書
『「観光ガイド事業入門」立ち上げ、経営から「まちづくり」まで』 (学芸出版社 2012年)

 - 共著
『「NPOが北海道を変えた。―道州制と市民自治へのチャレンジ」』(インテリジェント・リンク 2004年)

 - 論文
「プレスコ方式の観光まちづくり」(2015年3月 稚内北星学園大学 紀要 第15号 P161-170)
「知床世界自然遺産化による観光スタイル変容の〜個人型観光は持続的か〜」(2014年3月 北海道地域観光学会誌 第1巻第1号 創刊号)
「協働型ユーザーによる地域スポーツ施設の運営管理モデル」(2014年3月 稚内北星学園大学 紀要 第14号 P115-129)
「礼文島自然歩道の協働管理に向けた地域の取り組み 〜国立公園での民間ネイチャーガイド活用に関する考察〜 」(2014年3月 札幌国際大学 札幌国際大学北海道地域・観光研究センター年報 第 6 号  P32-P39)

 - 寄稿
『人と自然とスピリット─世界遺産推薦候補地決定に沸き返る知床からのメッセージ』(季刊『SQUARE』 2003年)
『知床、世界遺産候補の課題と取り組み』(一般財団法人北海道開発協会 広報「国土交通」 2004年)

 - 講演
2014 H26 11(一社)創発的地域づくり・連携推進センター
「地域未来プロジェクト設計・マネジメント塾 @道北 第2回」

・コーディネーター
SOYA地域資源ネットワーク設立総会・セミナー「みんなでSOYAの地域資源を活用しよう!」〜地域資源を活用したまち・ひと・しごとづくり〜 2015 H27 3 北海道宗谷総合振興局

・講演
稚内青年会議所 2015 H27 3

・講演
稚内信用金庫 2015 H27 3

・講演
「観光地域づくりセミナー2015」 2015 H27 1 北海道宗谷総合振興局
・講演
宗谷管内高等学校教育研究会地歴・公民科部会研究会 2014 H26 10
主催 宗谷管内高等学校教育研究会
後援 北海道教育庁 宗谷教育局
主管 北海道枝幸高等学校
協力 一般社団法人稚内観光協会

・講演
「地域未来プロジェクト設計・マネジメント塾 in北海道 第1回」
―再エネ時代の日本の作り直しを≪北海道/稚内で!≫考える―
 (2014 H26 11(一社)創発的地域づくり・連携推進センター)

・ワークショップファシリテーター 2014 H26 5〜
宗谷総合振興局「宗谷地域魅力UP事業」

・コーディネーター 2014 H26 6
利尻礼文サロベツ国立公園 指定40周年記念シンポジウム
「日本に誇る最北の自然利尻礼文サロベツ国立公園の魅力とは・・・」
主催:環境省 北海道地方環境事務所、稚内・利尻・礼文・サロベツ観光振興協議会
後援:北海道 宗谷総合振興局、稚内市、豊富町、幌延町、利尻町、利尻富士町、礼文町

北海道宗谷振興局セミナー講演
・講演 2014 H26 3 北海道宗谷振興局
そうや地域資源セミナー「そうやの魅力まるご再発見!」
テーマ 「人~ガイド主役の観光まちづくり」

・講演・ガイド研修 2014 H26 3  (株)いただきますカンパニー 十勝総合振興局 十勝農業改良普及センター

・講演 2013 H25 11  北海道開発局稚内開発建設部
「協働によるまちづくり」

・講演・パネリスト
「礼文島環境フォーラム2013(H25)8 礼文島自然歩道の未来」
環境省

・パネリスト2012(H24)10「北海道におけるスポーツツーリズムの展開」札幌国際大学北海道地域・観光研究センター

・パネリスト 2012(H24) 3 "寒地技術シンポジウム(一般社団法人北海道開発技術センター)「北国・雪国の冬の暮らしと観光地域づくり」

・講演 2008 H20 1 法政大学大学院NPOプラットフォーム研究所
「世界遺産と共生する地域ビジネス」

・パネリスト
2004 H16 10 "株式会社 北海道新聞情報研究所
シンポジウム「新しい感動をつくるシーニックバイウェイ北海道」

 - その他
・「自然保護とサステイナブル・ツーリズム―実践的ガイドライン 」 (平凡社 2005年)
・「「有料のガイドサービスがなかった知床で夏冬を通してのガイド業を定着。冬の流氷ウォーク(商標登録)などの開発・展開。年間2〜3万人のツアーを催行」(1998年)
・岩手県田野畑村にて厚労省パッケージ事業「番屋エコツーリズム」をプロデュース(〜2006年3月)。この取り組みは環境省エコツーリズム大賞、国土交通省オーライ日本大賞他多数受賞(2003年)
・アイヌ民族とともに「シレトコ先住民族エコツーリズム研究会」設立先住民族エコツアーをプロデュースし、アイヌ民族ガイドの雇用を実現(2005年)

■ 担当講義

観光概論/マーケティング論/経営学/北海道観光経済論


▲ このページのTOP

MENU

お問い合わせ

  • 稚内北星学園大学
  • 097-0013
  • 北海道稚内市若葉台1-2290-28
  • TEL : 0162-32-7511
  • フリーダイヤル : 0120-311014
  • FAX : 0162-32-7500
  • MAIL : info@wakhok. ac.jp

資料請求はこちら


  • まちなかメディアラボ
  • 097-0022
  • 北海道稚内市中央3丁目9-12
  • TEL : 0162-22-6565
  • FAX : 0162-73-0973
  • MAIL : machilabo@wakhok.ac.jp

Copyright © Wakkanai Hokusei Gakuen University. All rights reserved.