澁谷 久
しぶや ひさし

■ 最終学歴 学位

北海道教育大学大学院教育学研究科教科教育専攻修士課程修了(1997)教育学修士(数学科教育)


■ 職歴

旭川女子高等商業学校教諭(1981-1985)「数学,理科」担当
釧路管内で中学校教諭(5校)(1986-2015)「数学,理科」担当
北海道教育大学非常勤講師(2000-2015)「中学校数学科教育法」担当
稚内北星学園大学 情報メディア学部 教授(2016-)


■ 専攻分野

数学科教育


■ 研究テーマのキーワード

数学的学習具,数学教育における観察・実験,数学におけるイメージ


■ 研究課題

数学教育における学習具開発に関する研究
数学教育における観察・実験に関する研究


■ 研究業績

 - 著書
『観察・実験を取り入れる数学の授業』(単著,明治図書,1999)
『中学校数学科教育実践講座』(共著,ニチブン,2003)
『特別支援教育と算数・数学教育のコラボレーションに向けて』(共著,東京書籍,2010)
『わかるから楽しい!中学校数学おもしろ教材コレクション』(単著,明治図書,2012)
『新しい数学2, 新しい数学3(中学校数学科教科書)』(共著,教材考案,東京書籍,2012)
『教師用指導書新しい数学2,新しい数学3』(共著,東京書籍,2012)


 - 学術論文
(0)澁谷久,「概念・原理・法則にシェマを形成するイメージをともす数学的教具に関する一研究」,北海道教育大学大学院教育学研究科修士論文,1997
(1)SHIBUYA Hisashi,「Mathematics Class Incorporating the Observation and the Experiment」,Proceedings of the Ninth International Congress on Mathematical Education,2000
(2)辻宏子,澁谷久,「教育学研究における学校現場と研究者のコラボレーションについて」,日本科学教育学会研究会研究報告科教研報第20巻第2号,pp.57-60,2005
(3)澁谷久,辻宏子,「教員養成のプロセスにおける学校現場と研究者のコラボレーションについて」,日本科学教育学会研究会研究報告科教研報第21巻第1号,pp.33-36,2006
(4)延与和紘,戸田貴之,澁谷久,「中学校関数指導における「グラフをあるく」指導に関する一考察:グラフ電卓と距離センサーを活用した授業を通して」,日本数学教育学会,第40回数学教育論文発表会論文集,pp.911-912,2007
(5)澁谷久,坂下賛匠,「立体構成のための学習具開発に関する一考察」,日本数学教育学会,第43回数学教育論文発表会論文集,pp.473-474,2010
(6)澁谷久,杉山智彰,下村伸大,坂下賛匠,赤本純基,「数学教育における学習具開発に関する研究」,日本数学教育学会,日本数学教育学会誌2011第93巻第1号,pp.2-10,2011,査読論文
(7)澁谷久,「「わたしの学習」と感じ取れる数学の授業を学習具でつくろう」,東京書籍,「東書教育賞」,2011
(8)澁谷久,「HIP段階を位置付ける授業に関する一考察―数学の勉強に対する自信の高揚を目指して―」,日本数学教育学会,第44回数学教育論文発表会論文集,pp.321-326,2011,査読論文
(9)澁谷久,「数学教育における「マス・フェア」の実践に関する一考察」,日本科学教育学会第37回年会論文集,pp.258-259,2013
(10)澁谷久,「数学教育における体感する数学史に関する実践的研究」, 日本科学教育学会第37回年会論文集,pp.462-463, 2013
(11)坂下賛匠,澁谷久,「関心・意欲と他観点との効果的なつながりをつくる授業構成に関する一考察―レポート作成の実践を通して―」,第46回 日本数学教育学会秋期研究大会発表集録,pp.173-176,2013
(12)澁谷久,「数学教育における自己効力感高揚のために個人による現物実験に関する実践的研究」,第46回 日本数学教育学会秋期研究大会発表集録,pp.481-484,2013
(13)澁谷久,「汎用性を備える数学的学習具の効果に関する実践的研究−開発した図形の性質を発見する学習具の使用を通して−」,数学教育学会誌臨時増刊号2014年度数学教育学会春季年会発表論文集,pp.54-56,2014
(14)澁谷久,更科亮輔,「数学科教育学における教具・学習具開発能力養成のための実践的研究−数学科教師の研修と大学生に対する数学科教育学の授業を通して−」,数学教育学会誌臨時増刊号2014年度数学教育学会春季年会発表論文集,pp.135-137,2014
(15)澁谷久,「数学教育における意図的能力としての聴く力を評価する一考察−リスニングテストを取り入れることを通して−」,数学教育学会誌臨時増刊号2014年度数学教育学会春季年会発表論文集,pp.218-220,2014
(16)澁谷久,「環境教育における環境をとらえる方法としてのすごろくの有効性の考察」,日本科学教育学会第38回年会論文集,pp.357-358,2014
(17)澁谷久,「数学教育における学年初めのガイダンス授業に関する実践的研究」,日本科学教育学会第38回年会論文集,pp.555-556,2014
(18)佐々木邦子,澁谷久,「北海道の小規模校における生徒指導の実践」,北翔大学生涯学習システム学部研究紀要第15号,pp.21-36 ,2015
(19)澁谷久,「小学校と中学校の図形学習における汎用性を備える数学的学習具に関する考察」,日本数学教育学会,第97巻数学教育学論究臨時増刊(第48回秋期研究大会特集号) ,pp.89-96,2015,査読論文
(20)妹尾孝一,澁谷久,村田敏彦,「反比例において変域を負の数へ拡張するためにてこを利用する授業の構築」,第48回 日本数学教育学会秋期研究大会発表集録,pp.287-290,2015
(21)澁谷久,杉山佳彦「数学教育のガイダンス授業における操作的なとらえに関する実践的研究 −ARCS動機づけモデルからの考察を通して−」,北海道教育大学釧路校研究紀要「釧路論集」 第47号,pp. 79-88,2015
(22)佐々木邦子,澁谷久,「若年労働市場の実態から見る中等教育における進路指導の課題−キャリア教育導入による生徒指導の変化を探る−」,北翔大学教育文化学部紀要創刊号,pp. 137-153,2018


 - 雑誌論文
(1)澁谷久,「観察・実験を取り入れる数学の授業」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.82-89,pp.104-111,pp.102-109,pp.94-101,1998 〜1999(4回連載)
(2)澁谷久,「スポーティヴな数学を観察・実験で体験しよう」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.51-55,2000
(3)澁谷久,「数学史すごろくをどんどんつなげよう―「もの」をつくって,つかう作業を通して―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.47-50,2001
(4)澁谷久,「平面図形の運動と立体の構成―あくびの出ないアクティビティを―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.23-27,2002
(5)澁谷久,「制動距離にみる関数y=ax2―机1つ1つを数学実験室に―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.50-54,2003
(6)澁谷久,「数学が苦手な生徒のための問題」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.69-82 ,pp.65-78,pp.82-85,pp.70-82,pp.69-80,pp.75-78,pp.73-80,2003〜2004(7回連載)
(7)澁谷久,「学習リズムをつくる教材・学習具の開発―どの振り子も振れ続ける授業を―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.54-58,2004
(8)澁谷久,「平行線と線分の比―観察・実験から論理的に考える元気を―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.45-49,2005
(9)澁谷久,「事象を表に変換する学習具を使って1次関数をつかもう」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.14-17,2005
(10)澁谷久,「接線を題材に,さーくるをさぐーる(円を探る)授業づくり―導入はcueからQをつくるもの―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.19-23,2006
(11)澁谷久,「プチ実験でガイダンスを」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.25-27,2006
(12)澁谷久,「「確かさ」を感じながら三角形の相似条件を考える授業づくり」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.37-41,2006
(13)澁谷久,「置き換えによる展開・因数分解―「構造」をとらえ,「構想」を立てる授業づくり―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.64-66,2007
(14)澁谷久,「工夫がいっぱい計算器の歴史―面黒い数学史を体感しよう―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.54-58,2007
(15)澁谷久,「グラフの交点から方程式の世界を見る―ネットワークをつくる教材づくり―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.52-56,2008
(16)澁谷久,「関数のめがねで学び直す関数関係の総まとめ―ゲームによるコミュニケーションを通して―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.64-67,2008
(17)澁谷久,「小テストによる評価の工夫―どのような力を小テストで評価するのか―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.41-43,2009
(18)澁谷久,「学習具を数学のサプリメントに―進んだ生徒も遅れがちな生徒も活躍できる授業づくり―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.105-108,2009〜2010(12回連載)
(19)澁谷久,「小さな教材開発から学習の納得を生もう―アレンジからのチャレンジを―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.4-7,2010,巻頭言(提言)
(20)澁谷久,「図をつくる作業を取り入れた問題―「タングラム」と「二面鏡」で作品展を―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.22-24,2011
(21)澁谷久,「面積を工夫して求める問題―この図はどこ?数学ミステリーツアーへ―」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.25-27,2011
(22)澁谷久,「座右の書 数学教師人生を変えたこの1冊 『不思議がいっぱいの本』不思議から始まる授業づくりヒント集」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.100-101,2011(リレー連載)
(23)澁谷久,「こんなもので数学が!?の「実物」活用ネタ」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.20-23,2012
(24)澁谷久,「定着の悪い学習用語=内容理解を促す指導のアイデア (数の)項,(一次関数の)変化の割合」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.6-7,pp.48-51,2012
(25)澁谷久,「4つの「しこう」が動きだす数学の実験で見いだす感動を」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.11-13,2012
(26)澁谷久,「生徒の学習履歴を踏まえた中1内容導入のアイデア 見取図と展開図」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.34-36,2013
(27)澁谷久,「生徒の学習履歴を踏まえた中1内容導入のアイデア 直線や平面の位置関係」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.37-39,2013
(28)澁谷久,「1年間の内容を1時間で試食する「ガイダンスメニュー」 数学の試食で,もっと食べたいという気持ちをもたせよう」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.12-17,2013
(29)澁谷久,「円の性質をエアレーベンしよう」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.74-77,2013
(30)澁谷久,「定番教材が10倍おもしろくなる発展的アプローチ 魔方陣」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.4-7,2013
(31)澁谷久,「全員が活躍の授業メニュー―生徒一人一人が主体的に実験に取り組み,「確率」がみえる参観授業―」,明治図書,授業力&学級統率力,pp.60-61,2014
(32)澁谷久,「日常事象をグラフ化して考える」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.28-31,2014
(33)澁谷久,「B7判のワークシートで思考の活性化を図ろう」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.6-7,2014
(34)澁谷久,「スペシャリスト15人が明かす教材研究がもっとうまくなる方法 材料にこだわった教材研究の方法 日常の現象を数学の舞台に乗せる方法」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.73-77,2014
(35)澁谷久,「全員が学び合いに参加できる4つのアイテム」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.76-77,2015
(36)澁谷久,「生徒の目の色が変わった!スペシャリストのベスト教材 マス・フェア in 中学校2年生」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.82-85,2015
(37)澁谷久,「苦手な生徒のやる気を引き出す授業戦略 「教具・学習具」からのアプローチ」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.10-15,2016
(38)澁谷久,「今年はこれで決まり!凄腕教師の授業開き(中学校数学)」,明治図書,授業力&学級統率力,pp.72-73,2016
(39)澁谷久,「楽しくわかる!とっておきの学習具コレクション」,明治図書,教育科学/数学教育,pp.104-107,2016〜2017(12回連載)


 - その他(講演など)
(1)釧路子供シャケ大使団長,北海道釧路市教育委員会,北海道釧路市の小中学生対象,カナダのバーナビー市,1988
(2)澁谷久,数学科教育研修講座,「教材・教具を工夫した実際の授業」,北海道教育委員会主催,研修講座講師,北海道立教育研究所,1997
(3)澁谷久,教職経験者研究協議会,「一人一人を生かす学習指導の在り方―指導方法の改善,充実と指導に生かす評価の工夫―」,北海道教育委員会主催,研修講座講師,釧路教育研究センター,1999
(4)澁谷久,算数・数学科研修講座,「「資料の活用」における指導の工夫」,「学習活動充実に向けた教材研究,教材開発」,北海道教育委員会主催,研修講座講師,北海道立教育研究所,2011
(5)澁谷久,算数数学教育講演会,「学習具開発に関する話題提供」,釧路算数数学教育研究会主催,講演講師,釧路プリンスホテル,2012
(6)澁谷久,算数・数学科研修講座,「「数と式」,「関数」領域における教材教具の開発―数学の勉強に対する自信の高揚を目指して―」,北海道教育委員会主催,研修講座講師,北海道立教育研究所,2012
(7)澁谷久,10年経験者研修,「道徳教育及び在り方生き方教育の実際」,北海道教育委員会主催,研修講座講師,釧路市生涯学習センター,2013
(8) 澁谷久,岡山県数学教育勉強会設立記念教育講演会,「見る数学,触れる数学を教室で体験させよう −学習活動の充実に向けた教材・学習具開発−」,講演講師,岡山国際交流センター,2015

■ 表彰

東書教育賞(東京書籍)(2011)
日本数学教育学会学会賞(実践研究部門)(2012)


■ 担当講義

数学科教育法I,数学科教育法II,数学科教育法III,数学科教育法IV,教育方法論 等

■ 学外活動

 - 所属学会
日本数学教育学会,日本科学教育学会,日本教材学会,数学教育学会


▲ このページのTOP

MENU

お問い合わせ

  • 稚内北星学園大学
  • 097-0013
  • 北海道稚内市若葉台1-2290-28
  • TEL : 0162-32-7511
  • フリーダイヤル : 0120-311014
  • FAX : 0162-32-7500
  • MAIL : info@wakhok. ac.jp

資料請求はこちら


  • まちなかメディアラボ
  • 097-0022
  • 北海道稚内市中央3丁目9-12
  • TEL : 0162-22-6565
  • FAX : 0162-73-0973
  • MAIL : machilabo@wakhok.ac.jp

Copyright © Wakkanai Hokusei Gakuen University. All rights reserved.