田村 龍一
たむら りゅういち

■ 最終学歴 学位

横浜国立大学 2012年 博士(経済学)

■ 職歴

日本学術振興会特別研究員(DC1)(1999)
日本学術振興会特別研究員(PD) (2002)
立命館大学経済学部 非常勤講師(2005)
筑波大学人文社会研究科 非常勤職員(2007)
筑波大学人文社会研究科 準研究員(2009)
横浜国立大学成長戦略研究センター産学連携研究員(2012)
一橋大学イノベーション研究センター特任助手(2013)
文部科学省科学技術・学術政策研究所客員研究官(2014)
一橋大学イノベーション研究センター特任講師(2015)
慶應義塾大学経済学部臨時職員(外部資金)(2017)
稚内北星学園大学情報メディア学部准教授(2017)

■ 研究業績

 - 学術論文

  1. [共著] Yasusada Murata, Ryo Nakajima, and Ryuichi Tamura “Testing for localization: A New Approach,” Keio-IES Discussion Paper Series, 2017年5月
  2. [共著] Kenta Ikeuchi, Kazuyuki Motohashi, Ryuichi Tamura, and Naotoshi Tsukada, “Science Intensity of Industry by using linked dataset of Science, Technology, and industry”, 文部科学省科学技術学術政策研究所ワーキングペーパー, 2017年3月
  3. [単著] 田村龍一「高速鉄道が知識移転に与える効果−日本の特許引用を用いた実証分析−」フィナンシャルレビュー第3号(通巻第128号), pp.85-100, 財務省財務総合研究所, 2016年11月.
  4. [共著] Yasusada Murata, Ryo Nakajima, Ryosuke Okamoto and Ryuichi Tamura “Localized knowledge spillovers and patent citations: A distance-based approach,” The Review of Economics and Statistics. pp.968-982, 2014年12月
  5. [単著] Ryuichi Tamura, “Knowledge Networks and Innovative Activity: An Empirical Study with the United States Patent Data, “ 横浜国立大学博士論文, 2012年3月。
  6. [共著] Yasusada Murata, Ryo Nakajima, Ryosuke Okamoto and Ryuichi Tamura “Localized knowledge spillovers and patent citations: A distance-based approach,” Tsukuba Economic Working Papers, No. 2010-011, 2011年9月
  7. [共著] Ryo Nakajima, Ryuichi Tamura, and Nobuyuki Hanaki “The Effect of Collaboration Network on Inventors’ Job Match, Productivity and Tenure,” Labour Economics (Vol.17, Issue.4, Pages 723-734), 2010年8月
  8. [共著] Ryo Nakajima, Ryuichi Tamura, and Nobuyuki Hanaki “The Effect of Collaboration Network on Inventors’ Job Match, Productivity and Tenure,” Tsukuba Economics Working Papers, 2009年1月
  9. [共著] 田村龍一・田中裕人「二段階二肢選 択形式 CVM における支払行動関数の選択 - 地域用水環境整備事業の多面的機能の評価を 事例として - 」『農村計画論文集第2集(農村計画学会誌第 19 巻別冊)』, 2000, 第 19 巻, No.2, pp.55-60.
  10. [共著] 田村龍一・田中裕人「農業農村事業 の公益的機能の評価 -- ブートストラップコックス検定によるモデル選択 --」 『2000 年度 日本農業経済学会大会論文集』, 2000, 農業経済研究別冊, pp.174-177.
  11. [共著] 田村龍一・浅野耕太「地域農産物市場の効率性 に関する共和分分析−徳島県産ホウレンソウを事例として」『農業経営研究』,1997, 第 35 巻第 1 号, pp.1-11.
  12. [共著] 田村龍一・中嶋亮・浅野耕太「緑川流域の森林資源と有明海沿岸の水産資源に関する共和分分析」, 『魚つき林と 環境保全型農林漁業システムに関する計量経済学的研究』(平成 7 年度~平成 8 年度科学研 究費補助金(基盤研究(B)(2))研究成果報告書, 平成 9 年 3 月, pp.49-58.
  13. “The ‘scientification’ of industry: New indicators of science intensity”, http://voxeu.org/article/new-indicators-science-intensity-industry Kenta Ikeuchi, Kazuyuki Motohashi, Ryuichi Tamura, Naotoshi Tsukada, 2017年6月

 - その他(口頭発表)

  1. 田村龍一「The effect of High-speed railways on knowledge flows:Evidence from Japanese patent citations」ARISH Economics Workshop, 2016年3月.
  2. 田村龍一「The effect of High-speed railways on knowledge flows:Evidence from Japanese patent citations」東京大学都市経済空間情報ワークショップ, 2015年12月.
  3. 村田安寧・中嶋亮・田村龍一「Testing for Localization Using Micro-geographic Data: A New Approach」2013年度応用地域学会, 京都大学, 2013年12月
  4. 田村龍一「The effect of High-speed railways on knowledge flows: Evidence from Japanese patent citations」ARISH Economics Workshop, 2016年3月.
  5. 村田安寧・中嶋亮・田村龍一「Testing for Localization Using Micro-geographic Data: A New Approach」ARISH Economics Workshop, 日本大学, 2013年11月
  6. 村田安寧・中嶋亮・田村龍一「Testing for Localization Using Micro-geographic Data: A New Approach」2013年度日本経済学会大会, 神奈川大学, 2013年9月
  7. 田村龍一「R&D Network in the Fuel Cell Industry: A First Look」中国科学技術アカデミー(中華人民共和国・北京」口頭報告, 2012年8月
  8. 村田安寧・中嶋亮・岡本亮介・田村龍一「Localized knowledge spillovers and patent citations: A distance-based approach」ポリシーモデリングワークショップ(政策研究大学院大学), 2011年9月
  9. 村田安寧・中嶋亮・岡本亮介・田村龍一「Localized knowledge spillovers and patent citations: A distance-based approach」2011年度日本経済学会春季大会個別報告(熊本学園大学), 2011年5月
  10. 田村龍一「Localized knowledge spillovers and patent citations: A distance-based approach」, Urban Economics Workshop(京都大学経済研究所), 2011年1月
  11. 田村龍一「Localized knowledge spillovers and patent citations: A distance-based approach」, ARISH Economics Workshop(日本大学), 2011年1月
  12. 中嶋亮・田村龍一・花木伸行「The Effect of Collaboration Network on Inventors’ Job Match, Productivity and Tenure」2009年度日本経済学会春季大会個別報告(京都大学),2009年6月
  13. 田村龍一・田中裕人「二段階二肢選択 CVM における支払行動関数の選択 -- 地域用水環境整備事業の多面的機能の評価を事 例として -- 」, 2000 年度農村計画学会秋期大会, 北海道大学農学部, 2000 年 12 月.
  14. 田村龍一・田中裕人「農業農村事業の 公益的機能の評価 -- ブートストラップコックス検定によるモデル選択 --」, 2000年度日本農業経済学会大会, 東京大学農学部, 2000 年 4 月.
  15. 田村龍一・浅野耕太「農業関連公共事 業の分配効果に関する計量分析」, 1999 年度日本農業経済学会大会, 1999 年 7 月.
  16. 田村龍一・浅野耕太「長期関係の情報を利用 した野菜価格予測の効率性の検証 -- 徳島県産ホウレンソウを事例として-- 」1997年度日本農業経営学会大会, 愛媛大学農学部, 1997 年 9 月.
  17. 田村龍一「EU 共通農産物市場の効率性に関する共和分分 析」, 1997 年度日本農業経済学会大会, 東北大学農学部, 1997 年 4 月.
  18. 田村龍一・浅野耕太「地域農産物市場の効率性 に関する共和分分析−徳島県産ホウレンソウを事例として」, 1996 年度日本農業経営学会大会, 北海道大学農学部, 1996 年 7 月.

 - その他(業務)

  1. 筑波大学人文社会研究科公共政策プログラム・オンライン入試システムの実装・運用管理(2009年4月-10月):出願者、推薦人、入試事務、教員による選考プロセスを統合したWebインターフェイスおよびサーババックエンドの開発・運用・保守
  2. PythonによるWebスクレイピング講座(2015年10月:慶應義塾大学経済研究所、2016年2月:上智大学経済学部)4回にわたる公開講座にて、言語文法、基本的なアルゴリズム、ビッグデータ解析を前提としたWebスクレイピングプログラミングを講義
  3. Pythonによる経済データ分析徹底入門(2016年10月:慶應義塾大学経済研究所):特にビッグデータ解析を対象として、「Split-Apply-Combine」パターンによるプログラミング徹底練習、及びWebスクレイピングの初歩的技術の講義

■ 学外活動

 - 所属学会
日本経済学会

▲ このページのTOP

MENU

お問い合わせ

  • 稚内北星学園大学
  • 097-0013
  • 北海道稚内市若葉台1-2290-28
  • TEL : 0162-32-7511
  • フリーダイヤル : 0120-311014
  • FAX : 0162-32-7500
  • MAIL : info@wakhok. ac.jp


  • まちなかメディアラボ
  • 097-0022
  • 北海道稚内市中央3丁目9-12
  • TEL : 0162-22-6565
  • FAX : 0162-73-0973
  • MAIL : machilabo@wakhok.ac.jp

Copyright © Wakkanai Hokusei Gakuen University. All rights reserved.