▲ 大学TOPページ | ▲ オープンキャンパスTOPページ

稚内北星学園大学のオープンキャンパス

Open Campus & 保護者のための進学説明会 November 19, 2011

 稚内北星学園大学は、下記の要領でオープンキャンパスを開催することにいたしました。高校生及び夜間主クラスへの入学を考えていらっしゃる社会人の皆さんに、本学についてよく知っていただくための企画です。また、同時進行で保護者の方々のための進学説明会も行ないます。ふるってご参加ください。

※ 但し、高校生及び生徒を引率して来られた高校教員に限らせていただきます。
趣旨:本学を進学先の候補の一つと考えている高校生の皆さんに経済的負担をかけずにオープンキャンパスに参加していただくためのシステムです。
● 領収書が必要です。稚内までの往復切符をご購入の際に、宛名は「稚内北星学園大学」でもらって下さい。受付時にこの領収書と引き換えに交通費をお渡しします。
● 北海道内から参加の方は、原則として陸路(JRまたは長距離バス)をご利用下さい。
● 北海道外から参加の方は、交通費の半額を補助します。ただし、50,000円を上限とさせていただきます。

【プログラム】へ

【その5つの特徴】へ

【交通費補助について】へ

【お問い合わせ先】へ




プログラム

その5つの特徴

1. 3時間に凝縮された大学生活体験
 オープンキャンパスは、14時から17時までの3時間で行なわれます。本学で展開されているカリキュラムのエッセンスがぎゅっと詰まった模擬授業を受け、就職・奨学金など様々な説明を聞き、また教職員や先輩学生らと親しく交流することで、大学生活とはどのようなものなのかをよく理解していただけるプログラム を用意しました。
17時のプログラム終了後、交通機関のダイアの関係で当日に帰ることのできない方には、宿舎をご用意いたします。(費用は本学負担)
2. 最先端の話題を提供する模擬授業
 毎年情報メディア学科、地域創造学科の各分野で最もトレンドな話題を先取りして提供します。体験型授業を通して新らしい知識と技術について知ること、それらを使って実際に何かを生み出す楽しさを学ぶことのできるこの機会は、他のオープンキャンパスでは体験できない特色です。
3. 徹底したわかりやすさ・楽しさを追求
 皆さんのなかには、情報メディアについて「難しそう」というイメージを抱いている方もいるでしょう。でも心配はいりません。模擬授業は、初めての方でも充分に対応できるように、わかりやすさと楽しさを追求しています。
 また、在学中に取得できる資格、就職、奨学金などについての説明のほか、個別相談の時間も設けています。このように、参加者個人の求める情報を確実にお伝えできるように工夫をしています。
4. 親切な学生アシスタント
 全日程を通して、学生アシスタントが皆さんをサポートします。模擬授業では、皆さんのそばについて、必要な場面では手助けをしてくれます。また、「大学生活の実際について、もっと詳しく知りたいけれど皆の前では聞きづらいな」ということがあれば、個別に聞くこともできます。先輩たちとの楽しいおしゃべりを通して、大学生活のことや将来のことなど、さまざまなことを吸収してほしいと思っています。
5. 近い教員との距離
 小規模な大学なので、教員と学生との距離が近いことが特徴となっています。一人ひとりの学生の顔の見える大学なので、教員は学生の個性を把握しやすく、それがさまざまな点で良い影響をもたらしています。こうした本学の特徴は、オープンキャンパスでも発揮されます。将来の進路の悩みなどを教員に相談し て、勇気づけられる参加者もいます。
▲ このページ(オープンキャンパスについて)のTOPに戻る

交通費補助について

北海道内全額補助、北海道外は半額補助

お問い合わせ先

<お申し込み>

<お問い合わせ先>

稚内北星学園大学 オープンキャンパス係
北海道稚内市若葉台1丁目2290番28
TEL: 0162-32-7511
FAX: 0162-32-7500
フリーダイアル: 0120-311014
E-MAIL: info@wakhok.ac.jp
▲ このページ(オープンキャンパスについて)のTOPに戻る