温泉でアトピーを治しながら大学で学ぶ


最北の温泉郷

 豊富温泉(とよとみおんせん)は最北の温泉郷として、また全国的にも類のない泉質を持つ温泉として知られています。
 豊富温泉の油分を含んだお湯は、石油の臭いも特徴のひとつで、保湿保温効果が高く美肌の湯としても知られています。
 近年では、アトピー性皮膚炎や乾癬等の慢性皮膚疾患で、お悩みの方々からも注目され、全国から多くの方々が、 湯治(とうじ)に訪れています。(豊富町観光協会ホームページより)

 稚内北星学園大学では、豊富温泉でアトピー性皮膚炎などの治療を行いながら本学で学ぼうとしている学生に対して、学費減免のサポートを行っています。

湯治のための移住者に学費減免

 交通費などの経済的負担を補っていただくために、アトピー性皮膚炎など豊富温泉に適合する疾患の治 療を行いながら本学で学ぼうとする入学者・編入学者(要医師の診断書)には、授業料を最大50%減額 します。
※稚内市に転入した方 … 授業料50%免除
※豊富町に転入した方 … 授業料20万円免除

学納金
◆1年次 1,100,000円
(内訳:入学金 200,000円、授業料 700,000円、教育充実費 200,000円)
◆2年次以降 900,000円
(内訳:授業料 700,000円、教育充実費 200,000円)

稚内市に転入した方… 授業料 700,000円→350,000円
豊富町に転入した方… 授業料 700,000円→500,000円 になります。

夜間の授業を中心に履修することができます

 社会人向けの「夜間主クラス」及び長期履修制度を利用することにより、仕事や生活のパターンに応じて夜間の授業を中心に履修することも可能です。

リーフレット

リーフレット(PDFファイル)

温泉関係者からのメッセージ

 本学が始めたこの制度への期待のメッセージをいただきました。
 アトピー患者で、先日出版された『豊富温泉 ミライノトウジへ行こう!』(子どもの未来社)の編著者である安藤直子さん、そして直子さんと一緒にアトピーフォーラムの実施などで尽力され、本学で授業を担当いただいたことのある夫の聡彦さんのお二人が寄せてくださったものです。
 以下にご紹介します。


稚内北星学園大学と豊富温泉コラボを祝して・・・

東洋大学理工学部 安藤直子

 私が重度のアトピー肌を抱え、初めて豊富温泉を訪れたのは2005年の夏でした。おりしも、関東地方は猛暑で、障害を抱えた皮膚を持つ私は、職場に通うのも大変な日々を過ごしていました。そんな中訪れた豊富温泉で、私は劇的に寛解することができました。今では手湿疹を残すのみとなり、日常生活に支障が無いまでには回復しました。そんな中、私は、お子さんや若い患者さんたちがアトピーのために学校に通えず、人生の早いうちからキャリアを積み重ねるのに不利になってしまう現実に気づかされてきました。そんな皆さんを見るにつけ、豊富温泉で湯治をしながら学校に通えたらどんなに良いだろうと思っていました。
 今、豊富温泉は、山村留学のお子さん達の受け入れを始め、大きく飛躍し始めています。その試みのすばらしさに感動していましたが、今こうして、稚内北星学園大学とのコラボが実り、このようなことを夢見てきた一患者として、うれしくてたまりません。アトピーを抱えていても、道北の大自然の中で義務教育を終え、高校に通いうことができ、さらに大学への道が開け、先が見えなくなってしまっているアトピー患者さんたちにとっては、福音となることでしょう。この試みを実現させた地元の皆さんの努力に拍手を送りたいと思います。

灯台としてのアトピー留学制度

埼玉大学教育学部 安藤聡彦

 若者がおとなになるために何よりも必要なことは、自分の人生についての方向感覚をつかむことです。こんなおとなになりたい、こんな仕事をしたい、こういうふうに生きていきたい  そういう意味での人生の方向感覚。私はつれあいがアトピーであった関係で多くのアトピーに悩む若者たちとかかわってきましたが、身体的・精神的な苦痛のために、多くの方が人生の新たな展望を得ることに困難を感じておられるように見えました。このたび創設されたアトピー留学制度は、そんなアトピーの若者たちにとって灯台のようなもの、すなわち心と体を癒しつつ、人生についての方向感覚を育むうえで、この上ない仕組みであると思います。
 私は縁あって2010年から3年ほど同大学の非常勤講師を務めさせていただきましたが、小高い丘のうえにあるキャンパスといい、整った学習環境といい、情熱あふれる先生方といい、すばらしい大学であると実感しました。リーフレットにあるように、すでに湯治と留学を組み合わせ、社会人として立派な人生を歩んでおられる先輩がいらっしゃることが何よりも同大学の実績を物語っています。誰にとっても人生はただ一度。どうぞひとりでも多くの若い方が豊富温泉×稚内北星学園大学で新たな人生を発見できますように!

問い合わせ

大学について
■稚内北星学園大学
 〒097‐0013 北海道稚内市若葉台1‐2290‐28
 Tel:0162‐32‐7511
 フリーダイヤル:0120‐311‐014
 Meil:info@wakhok.ac.jp
 http://www.wakhok.ac.jp/
 ※随時、見学・相談を受け付けています。

湯治について
■豊富温泉コンシェルジュデスク
 〒098-4132 北海道天塩郡豊富町温泉ふれあいセンター内
 Tel:0162‐82‐3782
 9:00‐17:00(12:00‐13:00は昼休み)
 メールはWebページのフォームから
 http://toyotomi-onsen.com/consult

▲ TOPページに戻る

MENU

お問い合わせ

  • 稚内北星学園大学
  • 097-0013
  • 北海道稚内市若葉台1-2290-28
  • TEL : 0162-32-7511
  • フリーダイヤル : 0120-311014
  • FAX : 0162-32-7500
  • MAIL : info@wakhok. ac.jp

資料請求はこちら


  • まちなかメディアラボ
  • 097-0022
  • 北海道稚内市中央3丁目9-12
  • TEL : 0162-22-6565
  • FAX : 0162-73-0973
  • MAIL : machilabo@wakhok.ac.jp

Copyright © Wakkanai Hokusei Gakuen University. All rights reserved.