INFORMATION(張江洋直が関係する研究会活動を中心に、関心をもったものを記載しています。)

 

2005年

01月
・09日   シュッツ・パーソンズ研究会2004年度第3回研究会(武蔵大学/江古田)
・22日 「宗教と社会」学会スピリ チュアリティ研究プロジェクト例会第4回例会(13:00〜18:00)
         執筆者を交えての
『スピリチュアリ ティの社会学』(世界思想社)合評会
        (大正大学2号館3階232教室/西巣鴨)評者:池上良正(駒澤大学)・島薗進(東京大学)
02月
・12日  関東社会学会第1回研究例会/〈文化の社会学〉部会(14:00〜18:00.)
                (大正大学2号館3階231教 室/西巣鴨)報告者:友岡邦之(高崎経済大学)/小山彰子(慶応義塾大学).
03月
・12日  関東社会学会第2回研究例会/「グローバリゼーションの中の階級・階層構造」部会(14:00〜18:00.)
                (大正大学2号館3階231教 室/西巣鴨)報告者:小ヶ谷千穂(一橋大学)/竹ヶ下弘久(慶応義塾大学).
・26日  関東社会学会第3回研究例会/「社会学のアイデンティティ」部会(14:00〜18:00.)
                (大正大学2号館3階231教 室/西巣鴨)報告者:数土直紀(学習院大学)/矢野義郎(中央大学).
04月
・23日 
社会科学基礎論研究会定例研究会(第1回/会員限定)(大正大学/西巣鴨)
    
報告 張江洋直:ウルリヒ・ベックの科学論について
05月
・21日/ 日本哲学会 第64回大会(一橋大学/国立)
  22日 
・28日   社会科学基礎論研 究会2005年度第1回研究会(大正大学/西巣鴨)
・29日   シュッツ・パーソンズ研究会 2005年度第1回研究会(立命館大学/衣笠キャンパス)
              報告:張江洋直(稚内北星学園大学)/油井清光(神戸大学)

 06月
・01日  『年報社会科学基 礎論研究第4号発刊 社会科学基礎論研究会編 ハーベスト社刊
         特集:現代社会と〈宗教〉 の鏡  角田幹夫/望月哲也/伊藤雅之/櫻井義秀/大谷栄一
         連載 社会学の現在 4:フーコーと社会的構成 赤池一将
         論文 竹中均/田中俊之/大出春江/奥田道大 書評論文 武井順介/張江洋直.
・10日  東京社会学インスティチュート[ist] 無料プレ講座 19時〜20時(ist事務所/飯田橋)
・11日/「宗 教と社会」学会 第13 回学術大会(國學院大学/渋谷)
  12日   テーマセッション:現代スピリチュアリティ文化の学際的研究―スピリチュアル・ナビゲーター(Spinavi)によるネットコミュニティ構築の試み―
・17日  社会科学基礎論研究会 定例研究会(第2回/会員限定(大正大学/西巣鴨)
        報告:尾形泰伸(武蔵大学) 情報社会と再帰的近代の理路(仮)
・18日/ 関東社会学会  第53回大会(立教大学/池袋)
    19日
・25日/ 日本社会学史学会 2005年度大会PDF.(熊本学園大学/熊本)
    26日 シンポジウム:リスク社会と知の社会学 

07月
・16日 現代社会理論研究会 2005年度 大会・総会(武蔵大学/江古田)
        報告者:今井隆太(名古屋大学大学院/古谷公彦((財)政治経済研究所 大島社会・文化研究所)/徳久美生子(名古屋大学大学院)/郭基煥(愛知大学非常勤講師) [詳細]
          文化社会学研究会(第7回) 報告:菊池哲彦/牧野智和(早稲田大学 人科分室(高田牧舎ビル3F) [詳細]
・23日  社会科学基礎論研究会2005年度第2回研究会(大正大学/西巣鴨) ポスターPDF.
       【シンポジウム(第6回)】 準拠点としてのシュッツ 司会:浜日出夫(慶應義塾大学)/中村文哉(山口県立大学)
         報告者:張江洋直(稚内北星学園大学) シュッツが示す"Dasein"という事態とは何か――シュッツ社会学の可能性へ(仮題)
                  平 英美(滋賀医科大学)       語りとそのコンテキスト――A.シュッツのアクチュアリティ(仮題)
                  山田富秋(松山大学)         シュッツの志向性分析を「知覚の衝突」の観点から読み直す
         討論者:本石修二(東洋大学)/菅原謙 (中央大学)

09月
・03/中村やす展 "つるされほうだい"新作インスタレーション/会場 studio BIG ART (土日祝日のみの開館)[詳細]
    19日
 10  ジンメル研究会 第10回大会(慶應義塾大学/三田キャンパス)14:00〜17:00
            テーマ 〈ジンメルと地域研究〉/司会 岩崎信彦(神戸大学)/報告者 菅野仁(宮城教育大学)・早川洋行(滋賀大学)
・17/ことば・文化・社会の言語教育 ― リテラシーズ国際研究集会(早稲田大学国際会議場井深記念ホール)[詳細]
    18日
 23日  社会科学基礎論研究会 定例研究会(第3回/会員限定)(大正大学/西巣鴨)
         報告者:田中俊之(武蔵大学・非):<男らしさ>をめぐる社会理論―R.コンネルの<ヘゲモニックな男らしさ>概念の検討を中心に
 25  西原和久氏講演会/神戸大学社会学研究室/会場:文学部小会議室 15:00(神戸大学/六甲台)
        ・タイトル:理論社会学としての現象学的社会学―グローバル化時代の社会学的課題

10月
・22日 『現代社会理論研究』第15号(編集・発行:現代社会理論研究会,発売:人間の科学新社)(予定)
・22日/ 日本社会学会  第78 回研究大会(法政大学/多摩キャンパス)
    23日

11月
・05日/公共哲学・京都フォーラムin名古屋大学会議:グローバル化時代における〈他者〉と〈感情〉−公共哲学と公共社会学が交錯する場−
   06日
・13日   シュッツ・パーソンズ研究会 2005年度第2回研究会(盛岡大学/盛岡)

12月
・03日/ 日本現象学・社会科学会2005年度大会(名古屋大学/千種)
    04日 特別研究部会「グローバル・エシックス(仮)」
・10日   日本社会学史学会2004年度研究例会 (日大文理学部/桜上水)14:00〜16:00「共通テーマ:バウマンの今日的意義」
・17日  社会科学基礎論研究会2005年度第3回研究会(大正大学/西巣鴨)
      【
合評会−−著者を招いて(第13回)】[テクスト]竹中均『精神分析と社会 学』明石書店 2004.
          執筆者の「概要報告」:竹中均「拙著『精神分析と社会学』をめぐって」
          評者:片上平二郎(立教大学大学院)/浅野智彦(東京学芸大学)/水野節夫(法政大学)/司会:張江洋直(稚内北星学園大学)/尾形泰伸(武蔵大学)


[Home]