『現象学的社会学は何を問うのか』

西原和久・張江洋直・井出裕久・佐野正彦編著  勁草書房  1998年

目次

 
まえがき 張江洋直
第I部   現象学的社会学の問い  社会理論への視軸
      1    社会理論と世界の超越――問いの深化への途 張江洋直
      2    制度の生成――制度論への現象学的社会学の視線 西原和久
      3    理解の原点――宗教の内在的理解 角田幹夫
第II部  現象学的社会学の基底   シュッツ解読の可能性
      4    社会的行為とレリヴァンス――レリヴァンス概念の原像と射程 中村文哉
      5    意味とワーキング――科学と多元的現実の再考 矢田部圭介
      6    他者と他者性――他者経験の文脈 李 晟台
第III部  現象学的社会学の試行   経験的研究への視座
      7    方法と客観性――統計的調査法の隠された基盤 井出裕久・張江洋直
      8    標準化・妥当性と意味――調査票調査の問題性 井出裕久
      9    逸脱論の漂流――ある逸脱論者の問い 佐野正彦
    10    犯罪学の基底構造――ラディカル・クリミノロジーを超えて 赤池一将
あとがきに代えて   現象学的社会学の現在――出来事としてのシュッツ 西原和久
執筆者紹介( *印 編者     執筆順)

 *張江洋直         稚内北星学園大学助教授
 *西原和久         名古屋大学教授
  角田幹夫          東京電機大学非常勤講師
  中村文哉          山口県立大学助教授
  矢田部圭介       武蔵大学講師
  李 晟台            Moravian College客員教員
*井出裕久          大正大学助教授
*佐野正彦          鹿児島国際大学教授
  赤池一将         高岡法科大学教授


[戻る]